ウェルカム伊豆修善寺!バナーウェルカム伊豆修善寺!shuzenji.com 
7
ウェルカム伊豆修善寺 ホーム
ショッピングサイト
株式会社たけしビル 会社案内
修善寺の名物駅弁 舞寿し
サイト内掲載ショップリスト
PAOPAO通信+コラム

| ショップホームページ  |   商品一覧   ご注文     |  ご注文方法    送料  |  商取引に関する表示  |   問合せ   

 HOME > Diay&Column > Dialy  > PAOPAO通信/今日は一日 2005.05

日記インデックスはこちら   ご意見・感想などをお寄せ下さい mail

2005.0831(水) もう1ヶ月

6:45に携帯のアラームに気づいて目覚めるが、
そのまま暫く微睡んでいると、息子に起こされた。
喜んで良いのやら悪いやら、で複雑な気分。

朝食は、おにぎりと春雨ワンタンスープ。
息子を送り出してから支度をして社に出向く。

今日は曇天。昨日は予報通りに夕刻から降雨があったが、すぐに雨も止んでいた。
もしかしたら今日も降雨となるかもしれないとの予報である。
スタンバイを済ませてからメールチェックなどを行い、雑務を進めていく。

昼に銀行に出かけてPQの入金を済ませてから、帰社後PCバンキングで支払いその他の処理をする。
毎度の事ながら、支払いは大嫌いだ。

今日は弊社の決算日である。
1年の締めとしては、僕の気持ちがそれについて行っていない。
諸々すべき事がある筈なのだが、未だ完全に社会復帰出来ていないままなのだ。
今月のPQは昨年同月を大幅に下回っている。
こんなではいけないと思いながらも、どーにも手だてがないというのが実情だ。
支払いに頭痛、PQに胃痛、ジレンマばかりが増大。

14;00を過ぎて大滝ラーメンの「塩ラーメン」を食べる
8月最後のラーメンだ。だからといってどういう事でもない。只それだけである。
食後に、昨晩の続きの作業を続けて1回目キャンプの画像処理を終えた。

夕刻になって画像データをヒロカズくんの所に持っていく。
あとはヒロカズくんにデータを渡してDVDに入れ込んでもらえば、配布用資料の原本は完成である。
2回目キャンプのDVD作成もおそらく9月中旬には終わるだろう。
アンケート回収は月末の予定。

今日は中伊豆で少年野球のナイター練習が行われている。
日曜日に行われる黒潮大会に備えての練習が急遽決まったからだ。
この試合で勝つことが出来れば、県大会出場が決まる。
是非とも出場を決めて欲しいと思うが、勝負は時の運もあり、相手も必死だろうから
そうは簡単にはいかないかもしれない。子供達には只々頑張って欲しい。

月末の棚卸しを行ってから、ナイター練習に参加している息子を迎えに行く
帰宅して夕飯にする。
今日の夕食は、温野菜を添えたハンバーグアカイカ炒め、豆腐とわかめのみそ汁、ご飯。
飲酒を悩んだが、悩んだ時にはヤルという主義に基づいてビールを飲むことにした。
500mlと350mlをそれぞれ1本ずつ消費する。

デンタルケアを済ませると、睡魔はすぐにやってきた。
22;00前にあちら側に引きずり込まれて締まっていた。
キャンプの疲れが未だ残っているのか、飲酒による酔いのせいなのか、
或いはそのどちらも要因となっているのだろう。

今日で8月も終わりである。
気分的にもこれで夏が終わってしまった気がする。
PQの低迷を挽回したい事もあるが、夏のイベント事をもう一度楽しみたい気持ちが強い。
出来ればもう1回8月1日から1ヶ月を過ごしたい、と切に思う。

2005.0830(火) 徐々に

6:30に起床する。体調は多少良い感じに戻ってきている。
朝食は、油揚げと卵とじの温そうめん、梨2切れと牛乳。
外は晴れているが、天気予報では午後からの降雨を告げている。
そろそろ秋雨前線の南下の時期になるということなのだろうか。

支度をして社に出向く。
スタンバイを済ませてから、メールチェックとウェブ巡回を行い、雑務を進めていく。

未だキャンプに余韻が体に残っている。
伊豆自然塾の掲示板には、参加者からのメッセージがかき寄せられていたり、
委員長のアサダマサオくんからは、今回キャンプの「ふりかえり」をレポートせよとの課題が
スタッフに出されている。
僕の仕事は写真の整理と会計業務、アンケート発送、等々まだまだ残務処理すべき事が多い。

午前中にハギハラユウイチさんが来店する。
炊事担当者として、食材の調達その他の仕事をお願いしてあっただが、
支払いが済んだとのことで精算にやってきたのである。
キャンプのあれこれについて語り合い、再び余韻に浸ることに。

昼にノスタルジックの推進室へ出かけて支払い用の現金を預かり、
ついでに何カ所かに支払いを済ませ、帰社後マイツールにて会計処理を進めていく。

昨日に比べて格段に体調は良くなったが、未だ社会復帰は完全ではないようだ。
カミさんの週に一度の夜勤のため、夕方から一人店の戦力となり、
19:00に仕事を切り上げて息子と一緒に帰宅する。

夕飯は、既に用意してくれてあるホワイトクリームシチュー、ご飯、コンビニサラダ
昨日に引き続いて、ビールは飲まないことにする。
食後に息子と入浴を済ませ、デンタルケアの後にTVを眺めながら寛いだ。

息子が寝入ったのは22:00頃。
僕は事務所に戻って、自然塾1回目キャンプの画像整理を進めていく。
昨年まではCD−ROMにHTML形式でアルバムを作り、その中にビデオを入れ込んだのだが、
世情も変わってDVDプレーヤーもかなり普及しただろうとの判断で、
DVDメディアを参加者に送付することにした。
結果、画質も良くなり写真もスライド上映できるようになる。

スギムラヒロカズくんからせかされたこともあり、至急に僕の仕事をしなければならなくなった、
ということである。

2:00までPCに向かっての作業を続けてから帰宅する。
睡魔に連れて行かれたのは3:00頃だろうか。
今日もまた夜更かしをしてしまった。飲酒をしていないだけ良しとしよう。

2005.0829(月) 何も出来ない一日

6:40に起床する。
もう、もうどうにもならないくらいに体に力が入らない。
朝飯を確かに食べたが、その後すぐ寝てしまったため内容を覚えていない。

次に気づいた時は既に午前が終わっていた。
外は今日も夏の日差しが強い。
支度をして社に出向く。

メールチェックやウェブ巡回を行い雑務を進めていくが、体調不良で意識はもうろうとしている。
来店したアサダマサオくんから画像データを預かってから、
スギムラヒロカズくんの所に置き忘れたデジカメを取りに出かける。
そうこうしているうちに時はあっという間に過ぎている。

20:00に帰宅する。
今日の夕飯は、冷やしつけうどんと空芯菜のごま油炒めを載せた冷や奴、野菜サラダ
今日はビールを飲まない事にする。当然に飲酒をするだけの体力も気力もない。

21:30を過ぎた頃から体力が限界を訴えてきた。
そのままあちら側に連れて行かれる。

キャンプが終わっての翌日。今日はさすがに何もする気力が湧いてこなかった。
考えてみると、ここ3日間の睡眠時間は6時間足らずである。
この年でよく体力がもったと妙に感心なのだが、逆に自己管理出来ていない証拠とも言える。

果たして、明日から社会復帰が出来るのだろうか。

2005.0828(日) 伊豆自然塾キャンプ3日目

5:00に携帯電話のアラーム起こされた。
睡眠時間はおよそ20分ほどあったかどうか。
それでも数時間は寝ていたかもしれないというくらい睡眠をとった気がする。
寝床を片づけてミーティングに備える。

朝のミーティングを終えて、ラジオ体操会場に出かけていく。
さすがに体がつらい。
ラジオ体操の後、優秀班の表彰があり、プチゲームを行って朝礼が終了する。

今日の朝食は野菜とゆで卵などを挟んだオーブンサンド、牛乳、既製のオニオングラタンスープ。
朝食後8:00頃から撤収作業に入る

今回の撤収作業が割と気楽なのは、前回キャンプと違って備品が整理されている事にある。
随分と苦労して整理しておいたし、使用具合も出し入れを徹底したために、
ストレスを感じることもなく難なく作業が進んでいく。
10:30過ぎにはトラックに荷物を積み込んで撤収作業が終わった。

塾長のりちゃんは子供達を連れて、子供達から班のリーダーに渡す色紙への言葉書きに出かけた。
その間、僕らは本部まわりと体験棟の掃除を行い、最終チェックを進めていく。

11:00を過ぎてから萬城の滝へ降りていき、全員で記念撮影をする。
バスの到着まで時間があるため、ここでちょっとしたゲームを行ってからバスの待つ駐車場に戻った。
万天の湯のバスは11:45に中伊豆荘に向かう。

万天の湯で入浴を済ませ、食堂で牛丼を頂いて後、暫く寛いでから閉会式会場へ。
伊豆市役所中伊豆支所にて閉会式が始まったのは14:10頃。進行は僕が担当する。
ノスタルジックロマン修善寺推進委員会副会長ヤマダケンジさんの挨拶のあと、
優秀班の表彰と、3日間の最優秀班の発表が行われる。

今回選考スタッフで話し合ったのだが、全員に最優秀をあげようということになった。
極めて異例だが、台風で中止になりそうだったのに参加者がとても楽しみにしていてくれたことや、
最優秀をとろうと思って子供達全員がやる気を見せていたこと、
また、2回目のキャンプ実施にあたりスタッフが本当に苦労していたこと、等々、
要素を上げればきりがないほどに全員が最優秀に値すると判断したためである。

最優秀班の表彰の後、班旗の返還が行われてから子供たちに一人ずつ今回の感想を述べてもらう。
続いて子供達から班のリーダーに色紙のプレゼントが渡された。
その後班を担当したスタッフがその場で一言ずつ挨拶をするのだが、
中には号泣するスタッフもいて、それを見て僕らはもらい泣きである。

初日に初めて会ってから、一緒に笑い、時には怒り、寝食を共にした仲間との別れ。
楽しかった3日間がもう2度と訪れることがないという現実。いろんな思いがスタッフの頭を駆けめぐる。
子供達の多くが泣いている。スタッフも泣いていた。
泣いたって良いじゃないか。恥ずかしいことなんて何もない。

キャンプを陰で支えてくれたスタッフから一言ずつあり、いよいよ閉会式も最後が近づいた。
全員で輪になって一人ずつ握手をしていく。
握手する相手の目にそれぞれの思いが交錯する。拳に力が入り、涙腺が緩む。
この瞬間のために、僕らは1年間を過ごしてきたのだ。

感動的な閉会式が終わった。
駅まで送ったスタッフを閉会式場で待ってから、僕らは備品の片づけ作業に入る。
作業を終えて解散となったのは、17:00を過ぎた頃だろうか。
さすがに疲れた。帰宅してシャワーを浴びて18:00からの慰労会に備える。

慰労会は駅前串特急で行われた
全員で卓を囲んで、この3日間を振り返る。なんだか楽しくって仕方ない。
充実感やら虚脱感やら寂しさやら、いろんな感情が湧いてくる。
1次会が終了したのが何時なのかも覚えていない程に酔えた。

会計を済ませてから気づくと、僕は何故か「スナックびろーど」にいた。
数名で諸々語り合って宴を終えて散会する。
帰宅してデンタルケアを済ませたのだろうが、僕にはあまり記憶がない。
そのまま即ダウンしていたのだろう。

2005年度のキャンプが終わってしまった。

2005.0827(土) 伊豆自然塾キャンプ2日目

5:15に起床する。眠くて仕方ないが、起きなきゃ仕方ない。
睡眠時間は3時間足らず。連日の睡眠不足である。

5:45からミーティングが始まり、本日のスケジュール確認を行っていく。
ラジオ体操が始まるまでの間に、萬城の滝下流域に出かけて水量のチェックに出かける。

時間が早い為か、日差しはまだまだ弱いが空は今日の快晴を告げている。
台風が過ぎてここ数日は天気の崩れは無いだろう。

前日チェックに出かけたスタッフの話では、台風で相当量の水が出ているという。
僕は敢えて昨日のチェックを行わずに、当日の様子のみで川遊びの判断をしようと思っていた。
数名で魚のつかみ取り会場の所まで来てみると、思ったほどの水量ではない。
おそらく昼にはもっと水は減るだろうとの印象である。

チェックを終えてサイトに戻る。
6:30からのラジオ体操が終わり、朝礼が始まった
初日の優秀班の表彰が行われ、その後ちょっとしたゲームの後に朝食準備となる。

朝飯はおにぎりとみそ汁、オレンジジュース。
子供達の支度が出来る前に朝飯を掻き込んでから、再び河原に出かけていく。
今度はつかみ取り会場の設営をある程度済ませておく必要がある。
河原の石を積み上げて会場作りの作業を進めていく
僕らは次に水温のチェックをすることにした。

水はかなり冷たい。
水着を着てきたので思い切って泳いでみることにした。
水流が早い場所もあり立入制限区域も把握した。
水は冷たいが問題ない。かえって気持ちよすぎるくらいだ。
本部に残っている他のスタッフには申し訳ないが、楽しくって仕方ない。
そんなこんなで川は申し分のない状況である。僕の睡眠不足も吹き飛んでしまった。

朝食のあとに、ウォークラリーが始まる
班毎にスタートし、キャンプ場にある「フライングだるま」を探していくのである。
僕ら運営スタッフは本部でBBQやつかみ取り用の備品準備を進めていく。
時間調整してから川に出かけて行き、つかみ取り会場に網を張っていく。

備品を運搬し会場設営が済むと、あとは鮎の到着を待つばかりだ。
それまでの間に、再度川の水量と水温などのチェックを行うことにして水中に入っていく。
川は朝に比べると水かさが減ってきている。水温もだいぶ上昇してきた。
そうこうしているうちに鮎が到着。これで川は完璧に準備が整った。

本部に戻ってBBQに合流する。
既に子供達はウォークラリーから戻り、BBQ準備に取りかかっている。
段ボールオーブンも十分に機能しているようだ。
僕はスタッフ用に用意された焼肉ピザを頂くと、どっと疲れが出てきた。
睡眠不足と川のチェックで体力を消耗したようだ。

14:10に子供達と一緒に川に向かい、水遊びを一緒に楽しんでからつかみ取りを行う
前回キャンプの時より参加人数が少ないので、つかみ取りはあっという間に終わった。
スケジュール的には、時間がかなり押していたこともあり、
川遊びは当初の2.5時間から50分に短縮せざるを得なかったが、
その短い時間でも、参加者+スタッフは、それなりに満足していたようだ。
何はともあれ、ケガもなく楽しい時間が過ごせたのは良かった。

サイトに戻って夕食準備を進めていく。
僕の体は3度の川遊びに疲れ果ててしまったようだ。
まったりとした時が流れていく中、気分的に落ち着いてしまった。
スイッチが切れたように僕のテンションが一気に低くなっていくのが分かる。
暫くを本部テント内で休むことにした。

夕飯を食べた後、差し入れの栄養ドリンクを飲むと少しだけ持ち直した気がする。
キャンプファイヤーの時に気分が沈んでいると、どーにもならない事は百も承知だ。
何とか気分を上げていくように努めていく。

スケジュールの進行は遅れがちとなっている。
19:00開始予定のキャンプファイヤーは30分遅れの19:30開始となった。
点火セレモニーの準備を整えると、あとは開会を待つのみである。
19:30に駐車場に集合し、無言でファイヤープレイスに移動する。
サークルを作って座り、火の神の登場を待った

キャンプファイヤーで、僕はちょっとだけ無理をして騒いでみる。
そのうちに次第にテンションが上がってきて、ようやく元に戻った感じがする。
唄を歌い、踊りを踊り、キャンプファイヤーは大いに盛り上がった
楽しい宴は次第にエンディングに近づいていく。
前回キャンプと同様に火文字が燃え、その後、黒い鍋のセレモニーへと続く。

大いなる余韻を残してキャンプファイヤーが終了したのは、22:30頃。
スタッフは残り火が消えるまでの間、火を囲み「何処の誰?」の簡単な自己紹介を行った。

最終ミーティングが行われたのは、24:00近く
今日の反省と明日の日程確認がなされて、手短に終了する。
その後慰労会が開始され、早々に「今日は一日」が行われた。

あれほど低かった僕のテンションは飲酒と共に次第に上がっていく。
スタッフが次第に消えていく中、ヤマダイサムくんと延々語り合う。
結局シェラフに潜り込んだのは朝方の4:45。
時計を見て仰天だが、こればかりは後の祭りである。もういくらも寝る時間がない。
長い長い一日が終わった。

2005.0826(金) 台風過ぎて−自然塾キャンプ1日目

5:30に起床する。
昨日の就寝は結局3:00を過ぎていた。
アラームに気づいた時には訳がわからない状態のままで、とにかく眠くて仕方ない。

支度をして総合会館に出かけていく。
外の天気は曇り。昨日僕をさんざん悩ませていた台風11号は伊豆半島を去っていた。
今日は台風一過が期待できる。時間の経過と共に晴れ間を見せるに違いない。

6:00を過ぎて他のスタッフが集まってくる。
中伊豆方面と萬城の滝キャンプ場は、既に現地チェックが入り、
台風による被害はほとんどなく、キャンプ場も問題ないようだという報告が入っている。
あとは、キャンプ場が営業するかどうかという事がキャンプ実施の判断基準となった。

6:20頃になって、本日営業の知らせが入る。
これで気兼ねなくキャンプを行うことが出来る。本当に良かった。
参加者に電話連絡をし、1時間遅れでの開催を知らせる。

空は次第に晴れ間を見せ始めた。おそらく昼を過ぎる頃には真夏日となるだろう。
僕らは一旦解散し、支度を調えてから荷物の積み込み作業に入った。
トラック2台に備品を積み込んでいく
作業完了後に伊豆市役所中伊豆支所に集合し、車を乗り合わせてキャンプ場に上っていった。

ミーティングが始まる前に本部テントを設営し、備品を整理していく。
前回と同じ轍を踏まないためには、ここで行う初期設定が重要だ。
混乱の無いように、使い勝手が良いように、コンテナボックスをおいていく

参加者全員の受付が済んでから開会式が始まったのは、定刻の45分遅れである。
ノスタルジックロマン修善寺推進委員会副会長の挨拶のあと、
塾長挨拶があり、その後グループ分けをするためのゲームを進めていく。
スタッフはで参加者と一緒に自己紹介を行い、何処の誰?、何故来たか?を述べていく。

その後、こどもたちはそれぞれの班に分かれて行動をしていき、
昼飯をはさんで昼飯の終わった班から流し素麺を行う
そのあとは子供達のリーダーをするスタッフに任せていった。

前回キャンプと大きく違っているのは、備品整理がスッキリとしているところだ。
当然といえば当然なのだが、備品管理がちゃんといるために、気分的にはかなり余裕が出てきている。
天気も上々だし、今のところは何も問題なく事が進んでいく。
竹のコップを作る作業をする班もあり、開始時間の遅れについては徐々にだが追いついているようだ

おやつ、夕食(夏野菜カレー)、片づけ、と続き、19:00からネイチャーゲームが始まった。
班名の紹介とエールの披露の後に、恒例の「コウモリとガ」「動物当てゲーム」が行われる。
およそ1.5時間程のネイチャーゲームを終え、その後サイトに帰還した。
キャンプ初日のスケジュールはこれで終了となる。

子供達は交代でシャワーを浴び、その合間に自然塾ノートに今日の感想を書き込む作業を行う。
担当のスタッフはその感想に一言添えて返却しなければならない。
このやりとりで、今日一日をどのように感じながら過ごしてきたかがよく分かるのだが、
残念ながら今回も僕にはその役目を行うことが出来ない。

シャワーを浴びてから全体ミーティングが始まる。時刻は23:00過ぎ。
今日の反省や子供達の様子について意見が出され、明日の日程確認を行って後に終了である。
引き続き慰労会が開かれた。ビールで乾杯してから今日の諸々ついて話し合われた。
終了時刻が遅くならないように、早めに、「今日は一日」を始め、その後も語り合いが続いていく。

1:00に慰労会は終了するが、僕らは当然に飲み足りない。
数名にて炊事場へと移動して慰労会PART2を開始し、2:00過ぎににPART2は終了する。
デンタルケアを済ませてから自分の寝床を作り、外に出て月を愛でてから就寝体制に入った。
あちら側に連れて行かれたのは2:40頃だろう。

連日の夜更かしである。体に良いわけない。

2005.0825(木) PC画面に釘付け

子供達に起こされた。時計をみると9:30を回っている。
おにぎりと牛乳を掻き込んでから支度をして社に出向く。

そういえば、明け方から大雨が降っている。
台風が近づいてきたのだ。
サッと過ぎてくれれば良いと思いながら狩野川をみると、まだまだ水量は少ないままだ。
今後これが溢れんばかりの濁流となるかと思うと、さすがに気が重い。

大仁まで弁当の配達をしてから、メールチェックやウェブ巡回などを行う。

台風情報を見ると、明日未明には台風は過ぎているだろうという予想。
だが、進む速度が遅く降雨量は相当に多くなりそうだといも言っている。
明日からのキャンプはどうしても実施させたいと思う。天気担当として切に思う。
が、之ばかりはどうしようもない状況になってしまっている。

雑務を進めながらPC画面を何度も眺めるが、
画面に向かって念を込めても台風の状況はあまり変わってくれない。
それでも、何とかお願い、お願いだから、と念を送り続けていく。

夕方に不二家のバイザーが来店する。
9月下旬から始まるPCによるオーダーエントリーシステムのデモと指導に訪れたのだ。
今頃になってようやくPCでのデータ云々と言っても、肝心なのは、
システム変更によるデータ分析でどうやってMQアップに繋げるかが問題である。
果たして戦略的にツールを使っていこうとする意向があるや否や、という感じだ。

一日PC画面を眺めながら、日記の作成などを進めていく。

本日19:00にキャンプの実施と中止の意志決定をしなければならないのだが、
諸々鑑みると、明日朝に正式決定した方が賢明だろうという判断に至る。
事務局から参加者に明日朝連絡する旨を伝えてもらい、
集合するはずのスタッフに、今日の集まりが中止になったことを連絡する。

キャンプについては、明日朝6:00に判断することになった。
事態が好転していることを念じ続けよう。

台風対策の諸々を行ってから、20:40に帰宅する。
夕飯は、餃子とご飯、豆腐とわかめの入ったみそ汁。
TVでは台風のニュースを流している。PCでも雨雲の動きをチェックしておく
今回の台風は時速が遅いため、伊豆を抜けるのには思った以上に時間がかかりそうだ。

息子と一緒に入浴とデンタルケアを済ませてから、日記の作成を行い、
明日からのキャンプの支度を進めていく。

外は1:00を過ぎてようやく静かになった。
暴雨風域を抜けても雨は降り続いていたが、暫くすると雨も止んで辺りは静寂を取り戻した。
これで一安心だが、あとは明日朝の災害状況次第である。

日記の作成を完了してからサーバーに数日分をアップする。
2:00頃になってから睡魔が到着して、そのうちにあちら側に連れて行かれた。

明日には全てが上手く進んでいて欲しい。

2005.0824(水) 最後の夏休み?

6:15に起床して息子を起こし、ラジオ体操に出かけるように告げる。
すぐに息子は帰還した。ラジオ体操は中止だったそうだ。
暫く微睡んでから8:30頃に起床する。

PCを起動して台風の動きをチェックする。
危ないコースをたどってはいるものの、金曜日には通過してしまいそうな感じだ。
キャンプ当日に過ぎていてくれればそれで良い。

支度をして社に出向き、メールチェックなどを進める。
10:00にバスケ知人の子供たちがやってきた。
今日は息子と彼らを連れて夏休み最後の遊びに連れて行くことになっている。
当初は仁科川で川遊びを計画していたが、午後からの降雨が確実なために予定を変更して
熱海のプールで遊ぶことにする。

やりかけの仕事を切りの良いところで終え、カミさんと子供達3名をフィットに乗せて熱海に向かう。
目的地は、マリンスパあたみhttp://www.marinespa.com/(0557−86−2020)
中央道を通り、熱函道路を上っていく。
途中心配で施設に電話をして利用状況を聞いてみると、1時間待ちとのこと。
急遽方針を変更して、函南の「オラッチェ」に行くことにした。
http://www.oratche.com/

まずはトウモロコシ畑での迷路で遊ぶ
3つのスタンプを押してゴールとなるのだが、館内でそのカードを見せてガラポン抽選を行った
僕たち家族は3人とも「スカ」。知人の兄妹はそれぞれ牛乳とソフトクリームを引き当てた。

レストランで昼食にする。
僕は地ビールのお試しセットで喉を潤す。
5名で注文した品物は、地鶏のピカタオラッチェのスパゲティポークチャップカツレツ
伊豆牛モッツァレラチーズハンバーグ伊豆牛のハンバーグ
食後に竹馬などで楽しんでからオラッチェを後にして、次にジョイランド三島に向かう。

ジョイランドではボーリングを楽しんだ
子供達3人のスコア合計と僕とカミさんの合計で勝負し、
子供達が勝てば一人1000円でのゲームを賭けた。
1ゲーム目は同点だったため、2ゲーム目に突入。結果は子供達の勝利である。

ゲームセンターで暫く過ごし、帰途につく。
途中知人を拾い、サイクルスポーツセンターの温泉に行くことにする。

17:30からおよそ1時間、体を癒してから夕飯を兼ねて駅前串特急へ
僕は19:30から伊豆自然塾の全体会議があるため、30分ほどで席を立ち、
バスで総合会館に向かう。

今回の自然塾の会議は、26日からの2回目キャンプの最終打合せである
1回目のスタッフブックを大幅にバージョンアップし、内容はかなり充実したものとなった。
スケジュールに沿って作業を確認し、全体での共通認識を深めていく。

会議は22:00過ぎに終了し、当然ながらアフターミーティングが開かれた。
天に向かってキャンプの晴天を祈願しなければならない。
僕は本日2度目の串特急である。参加人数は7名。
明後日からのキャンプに向けていろんな話を進めていく。
参加する子供達は勿論のこと、スタッフも楽しみで仕方ないのである。

アフターミーティングは24:30頃に終了するが、本日我が家での宿泊を決めたスタッフのために、
1時間ばかりの2次会を決めた。場所は「スナックびろーど」。参加人数は4名。

勿論約束は破られるためにある。
3:00近くになって僕らはようやく今日を諦めた
帰宅してデンタルケアを済ませ、布団に横になりながら自然塾の話をしていく。
1時間あまりも話していただろうか、その後いつの間にかあちら側に連れて行かれた。

2005.0823(火) 今日も備品整理

8:00に起床する。支度をして社に出向く。
台風接近に伴い、天気は不安定だ。
天気予報では、今日の降雨を伝えているが未だ雨は降っていない。

支度をして社に出向く。
スタンバイを済ませてからメールチェックやウェブ巡回などを行い、雑務を進める。
昼には修善寺駅売店の夏季限定冷やしカイワレ蕎麦を食べた。
これはなかなかのお勧めである。量も多くて美味い。

ニュースによると、高校野球で全国制覇をした高校で暴力沙汰があり、
その処遇に苦慮しているようだ。
指導者が生徒を殴り、生徒の父親が謝罪を求めているらしい。

僕から言わせればとんでもない事だと思う。
教育に鉄拳(愛の鞭)は当然必要だし、何故殴られたかについては何も知らされていない。
鉄拳にはそれなりに理由がある筈だし、子供を預けてい以上は指導者を信頼すべきだ。
指導者に従って厳しい練習をこなしてきた他の生徒達が一番の被害者である。

それにしても、いつから愛の鞭にこれほどまでに敏感に反応するようになったのだろう。
昔は悪ければ殴られて当然だったし、それに対して生徒は反省し、
同じ過ちを繰り返さないように努めたものだ。家庭でも同様である。

自分が殴られた事が無い親が子供を殴れなくなり、その基準で指導者を見ている。
もっと骨のある教育をしていくべきだと、つくづく思う。

夕方に小雨が降り続く。
台風接近に伴う低気圧の活発化なのだろう。
キャンプ当日には何とか晴れていて欲しいと切に願う。

18:30過ぎに帰宅して、既に用意してくれてあるカレーライスを息子と一緒に食べる。
食後に19:30から伊豆自然塾のコアメンバーによるミーティングに出かけた。
きょうも会場はここ数日と同じスギムラヒロカズくんのところ。
先日来片づけてきた備品の整理とスタッフブックの内容確認作業を行っていく。

作業は22:30に終了する
これでようやく備品の整理が完了した。作業前と後では格段に状況が変わっている。
備品の山はかなりスッキリとまとまった。

帰宅して未だ起きていた息子と一緒にシャワーを浴びる。
ちなみにカミさんは週に一度の夜勤で不在である。

TVを眺めながら日記作成を進めていき、3:00を過ぎて横になった。

2005.0822(月) 台風接近

7:00に起床し、茶の間に降りて朝食を頂く。
朝飯は、昨晩僕の記憶が無いときに皆で食べたという牛すじのシチュー、食パン、オレンジジュース。
意識はあるものの、体調不良。さすがに疲れが出たのか体がだるくて仕方ない。

天気は曇天。夏の暑さは小休止という雰囲気だ。
自宅に戻り、支度をしてから社に出向く。
スタンバイを済ませ、メールチェックやウェブ巡回を行い、雑務を進めていく。

昼に銀行に出かけてPQ入金を済ませ、帰社後にPCバンキングにて支払いその他を処理する。
毎度ながら支払いは大嫌いだ。

ウェブニュースによると、2つの台風が接近しているようだ。
台風12号はコースが逸れそうだが、11号はへたをすると直撃しそうな動きをしている。
伊豆自然塾の天気担当としては、無視も出来ない。
だからドーする?と言われても何をするわけでも無いのだが、只々、念じるのみである。
ま、どうにかなるさ。

15:00前に大滝ラーメンに出かけて「塩ラーメン」を食べた
連日の深酒のためか、胃袋は汁物を欲している。食後にようやく僕の体調も落ち着いてきた。

天気予報では午後から降雨と言っていたが、今のところそんな気配は感じられない。
こんな様子のまま、台風も何処かに逸れていって欲しいと思う。

20:00を過ぎて終業して帰宅する。
夕飯は、焼き茄子豚肉とピーマンの炒め物ウナギのひつまぶし、アサリの吸い物
飲酒を控えようとは思ったが、何故か体がアルコールを欲しているため、
缶ビール500mlを与えることにした

食後、息子が借りてきたDVD2本を鑑賞する。
入浴とデンタルケアを済ませてから日記の作成をしようかと思っていたが、
WOWWOWで放映していた映画を鑑賞。結局3本の映画を見てしまう。

睡魔に連れて行かれたのは、おそらく2:00過ぎ頃だろうか。
不規則な生活が続いている。

2005.0821(日) 還暦祝

雨音に気づいて目覚めると、体は車の中にいる。
昨晩車に入った事を思い出して携帯電話のデジタル表示をみると、7:45とある。
今日はあいにくの雨模様。予定されている海水浴も、これでは少々可哀想だ。

急いで宿舎に戻ると、既に朝飯が終わりそうな様子である。
ロールパン2個とヨーグルトを掻き込み、荷物をまとめてから海水浴の支度をする。

西浦の父母の皆さんに挨拶をしてから合宿場所を離れ、近くの海水浴場「らららサンビーチ」へ。
駐車場が狭いというので僕らは徒歩にて現場に向かった

昨晩の深酒と寝不足にて、僕は重度の二日酔いである。
未だ酔っている感じのまま歩みを進めていくが、いまさら飲酒を後悔しても後の祭り。
飲酒の場面ではどうしてマイペースでいられないのだろうか、、。

らららサンビーチに到着すると、落雷の心配から浜辺は遊泳禁止となっていた
雨は上がっているが、上空では時折ゴロゴロと音がしている。
先日のニュースで報じられた海水浴場での落雷被害が無ければ、何も心配なく遊泳できたのだろうが、
こればかりは仕方ない判断なのだろう。

遊泳許可が出るまでの間、子供達はうらめしそうに海を眺めている。
およそ1時間後に遊泳が許可されたが、ものの20分ほどで再び遊泳禁止の放送が流れる。
上空の雲や雷音はどうやら回復する見込みも無さそうだ。さすがに諦めて帰り支度をすることにした。

小学校に戻り道具を片づけてから解散し、息子と一緒に帰宅する。
シャワーを浴びてから暫く横になった。

13:30過ぎになって活動を開始する。
今日はカミさんの母親の還暦祝をする事になっている。
外食も良いのだが、食材を調達して家で豪華に御祝いをしよう、ということになり、
カミさんの実家に出向いていった。

カミさんの妹弟たちからプレゼントが贈られ、60年一回りで3度目の成人式を祝っていく。
昨日の酒も抜けないうちから僕はビールを飲んでいく。日の明るいうちからの飲酒は贅沢だ
中華とイタリアンの料理を頂きながら、シャンパンで再び乾杯すると、ようやく僕の体調も普通に戻ってきた。

このままのんびりと飲み進めていようかと思っていたところ、
温泉場の「お弘法さん」祭りに出かけようというカミさんの提案に乗せられた。
皆で歩いて修禅寺まで出向き、お参りをしてから露天商巡りをしていくが、
19;30過ぎに始まる花火を自宅でみるために、早々に祭り会場を後にした

帰還後、僕は飲食をしたのかどうかの記憶が無い。
花火を最後まで見た筈だが、いつの間にかその場に寝てしまっていたようだ。
夜中に一度目覚めたところ布団に横になっていた。時計を見ると1;40。
どうせなら朝まで記憶の無いままでいてほしかった。次の睡魔到着には時間がかかる。
横になったまま睡魔を待ち続けていたが、到着したのは朝方になってからだった。推定4:00。

2005.0820(土) 野球合宿

6:00過ぎに起床する。
おにぎり2個と野菜ジュースで朝食にしてから荷物をバッグに詰め込んだ。
今日の天気は快晴。今日の少年野球の合宿は予定通りに行われる筈である。
熱中症にならないように気をつけないと、などと思いながら息子を連れて小学校に出かけていく

荷物を積んでから子供達を車に分乗させて西浦に向かった。
現地には8:00過ぎに到着する。
合宿場所は「沼津市西浦地区センター」。
海のすぐ近くにグランドがあり、北には富士が大きくそびえている。素晴らしいロケーションだ。

子供達はすぐにウォーミングアップを始めた。
僕らは子供達と一緒にキャッチボールなどを行い、体をほぐしておく。

9:15からレギュラー戦が始まった。
開始早々には子供達は夏休み中につき体にキレがないように見えたが、
次第に試合の雰囲気に慣れてきたようだ。試合は終始こちらのペースで進んでいく。
結果、15−1の圧勝に終わった

昼食をはさみ、今度はジュニア戦である
こちらは5年生以下のメンバーによる試合。
息子も先発センターで登場したが、2打数0安打、
守備ではセンター前に転がるゴロを処理したのみで途中交代にてベンチに下がった。
ジュニア戦の結果は、3−3の引き分け

その後、4年生以下と母親達がT−ボールの試合を行う
3年生以下はT−ボール終了後に練習を終え、宿舎に戻ってシャワーを浴びて暫しの休憩。
残りの子供達は西浦ジュニアとの合同練習である。

17:15からは父親対抗のソフトボールの試合が始まった
春に負けていたので、今回は勝たなければいけない。
初回に3点を先制したものの、途中逆転されて最終回までに3−7のビハインドという状況に。
ここで僕らは粘りをみせ一挙5点を入れてのサヨナラ勝ちを収めた。
もしかしたら手心を加えてくれたのかもしれないが、まぁ良いだろう。
気持ちよく合宿最後の試合を締めて今日を終えた

シャワーを浴びてから懇親会が始まる。
ビールで乾杯し、夕飯のカレーを頂く。暫くの歓談の後、グランドで花火大会が行われた
花火の後にビンゴ大会があり、その後子供達ははそれぞれ夜を過ごしていった。
大人は懇親会の続きを進めていく。
自己紹介を兼ねて一人一言ずつ述べたりしながら、僕らの飲酒は深まっていく

酒量の進行と平行して時の流れも進んでいった。
睡魔の訪れを感じた時には、時計は既に3:30を刺している。
就寝場所に移動して寝場所を探したのだが、あいにく僕の体を横たえる場所を確保できない。
仕方なしに車に乗って横になることにする。あとは朝まで記憶がない。
ちょっとばばかり飲み過ぎた。

2005.0819(金) 連日の備品整理

6:20に一旦目覚めた。息子はラジオ体操に出かけていく。
僕は昨晩の思いがけずの飲酒により、少々バテ気味。
暫く横になってから7:30過ぎに起床する。

朝飯は、鯵の開き、ジャガイモとわかめの入ったみそ汁、ご飯。
外は曇天。今にも雨が降りそうだが、よく見てみるとどうやら既に雨が振った後のようだ。
夏もあと僅かで秋に移っていく。
外の空気も一時期のじっとりとした空気から、少しばかり柔らかな空気に変わったように感じられる。

スギムラヒロカズくんの所へと車を取りに出かけて後、支度をして社に出向く。
スタンバイを済ませてからメールチェックやウェブ巡回を行い、雑務を進めていく。

自然塾のスタッフブックで気づいた点を加筆したものを、メール添付してアサダマサオくんに送信する。
いくつかのやりとりをして後は彼に任せることにする。
僕にはエクセルの加工は向いていない。

曇天はいつの間にか夏の空に変わっていた。
夏を終えるにはまだ早い。空を眺めて一人ニヤリとする。

店の戦力になったりウェブページの作成を進めていくと、
夏の空も次第に照度を落とし始めた。いつの間にか日も短くなっている。

昨日の備品整理に伴い、不足品の洗い出しをした結果、
重ね置き可能なコンテナボックスを調達しないと思い切った備品整理が出来ないことが分かった。
18:00にスギムラヒロカズくんの所に集合してから、4名でカインズホームに出かけていく

購入備品リストを見ながら店内を徘徊していき、品物を次々にかごに入れていくのだが、
大きめのコンテナボックスを数多く購入するため、僕らは引越屋みたいな異様な様相を呈している。

およそ1時間余りをカインズホームで過ごし、予定の備品を概ね手に入れた。
足りない備品については、僕とオチアイさんとでマキヤに出かけて探すことにするが、
結局はマキヤにも在庫が無いためヒロカズくんの所に戻ることにした。

19:40に帰還して在庫のチェックを兼ねて整理作業を進めていく。
途中、ヒロカズ宅の夕飯のカレーライスをご馳走になった

作業は延々と続いていく
昨日は飲酒をしながらだったが、今日は当然といえば当然なのだが、ビールは飲まない。

ある程度片づいたところで、残りを次繰ることにする。
時刻は23:30を過ぎていた。我ながら連日遅くまでよくやるな、というのが正直な感想。
帰宅してデンタルケアを済ませてから、明日の野球合宿の支度をしていく。

2:00頃になってようやく睡魔が訪れ、2:30頃にあちら側に連れて行かれた。

2005.0818(木) 資料作り

7:30に起床する。
TVでニュースを眺めながら遅い朝を過ごしてからシャワーを浴びて体を覚醒させる。
支度をして社に出向き、スタンバイを済ませてからメールチェックなどを行う。

息子は朝から宿題に追われている。
さすがに尻に火がついたようだが、本人はどう感じているのかは親にやよく分からない。
海に2回出かけ、土日は野球の練習をこなし、知人のキャンプに連れて行ってもらい、
友達の誕生会では朝帰り、という遊び人生活に慣れてしまったのか、
ノートを前にしてもどーにも気持ちが入らないような感じがする。
まぁ、後で困るのは本人なので、今後の遊びの予定は本人次第で全て決まる事だけを告げておいた。

コンビニで調達してきたサンドウィッチで朝食にする。
店は旧盆を過ぎてかなり暇な時期を迎えてしまったようだ。
昨年のデータを見て比較すると、今年の状況はかなりヤバイ状態である。
時期的なものだと諦めてもいられない。何とかしたいとは思うが何ともできないとうジレンマ。

数日前の蒸し返すような暑さは、一段落した感じがする。
立秋も過ぎてこれからは台風の心配だけすれば良いのかもしれないが、
まだまだ暑い日が続いていて欲しいと思う。僕の夏は未だ終わらない。

昨日から進めているスタッフブックの修正作業を行う。
相変わらずにエクセルに苦戦する。相手本意のソフトとはかけ離れた操作性に辟易である。
そうはいっても元データがエクセルで、しかも見てくれ重視のページなので、
これに少しずつデータを加減して行かなければならない。
そんなこんなで、あっという間に時が過ぎていく。

19:30に終業して、スギムラヒロカズくんの所に出かけていく。
1回目キャンプの自然塾備品が全て置いてあるのだ。

班ごとに配布される調理備品などが入っているコンテナボックスの中身をチェックする
6個のボックスの中身には全て番号が振ってあるのだが、それらが合致していないため、
番号を合わせて過不足を調整していく。
中には飯ごうが寿命のものもあり、それを新品に取り替えたりする。

次に山積みされている備品を使用目的別に整理しようと思ったが、
整理するための収納ボックスが無いため、今日の作業を断念し、明日に次繰る事にした。
作業終了後、今日参集した5名でビールを飲みながらキャンプの反省と次回の対策を話し合う。

時はあっという間に流れている。
24:00になってミーティングを終了して解散する。
帰宅してデンタルケアを済ませてから、今日は夕飯を食べていなかった事に気づいたが、
夕飯は割愛した。飲酒で食べた気になっていた事に依る。

睡魔はすぐに到着。いつの間にかあちら側に連れて行かれた。

2005.0817(水) 1−2を2−1で

7:00過ぎに息子が帰還した。言い方は悪いが、朝帰りである。
昨晩は3:00過ぎまでテントの中で遊んでいたそうで、
ラジオ体操に参加してから自宅に戻ったのだという。
そのまま寝るのかと思いきや、レンタルしてあったDVDを鑑賞し始めた。
僕はその間、夢現(ゆめうつつ)状態である。

9:00過ぎに起床し、支度をしてから堤防を眺めて後に社に出向く。
今日の天気は快晴。天気予報によると気温が上がり真夏日になるということである。
メールチェックやウェブ巡回を行い、雑務を進めていく。

昼に大滝ラーメンで得意の「塩ラーメン」を食べる
塩ラーメンは、夜にはスープが煮込まれて少し濃厚になる。
僕は個人的には昼のスッキリとしたスープが好みである。
そのためには昼でも早い時間に食べるのに限る。
早めに店に入り、今日はスッキリとしたスープを嗜む事が出来た。

食後にメールチェックをすると、自然塾のミーティングが緊急に決まっていた。
来週中に2回目のキャンプの準備を完了するためには、
早急に前回の備品の整理や次回不足品などの調達をしておかなければならない。
明日夜に集合することになる。

8月も半分を過ぎてしまった。
息子は遊びほうけていて、一向に宿題を進める様子がない。
こんなんで大丈夫か?と心配するほどに何もしていないのだ。
勉強しなくてアホになるのを心配するのは当然だが、
親としたら、一度でも良いから勉強しすぎて心配だ、くらいの心労をしてみたいものだ。
一体どーなっちまうんだろう、うちの息子?

自然塾のミーティングが明日開催されるということで、それなりに資料を揃えなければならなくなった。
前回のスタッフブックを眺めながら、自分なりにイベント毎に備品一覧を挿入したり、
進行にあたっての注意事項などを書き込んでいく。

スタッフブックはエクセルで作られている。
僕はエクセルを使いこなせないため、諸々をいじくり廻してみても思うように表現出来ない。
データの整形は他の人に任せることにして、とりあえず気づいたことを入れていく作業を進める。

19:30に終業して帰宅する。
TVでは既にサッカーの試合が行われていた。W杯予選の最終戦、日本対イランの試合である。
両チームとも来年のワールドカップ出場を決めているため、この試合の重要性は低いかもしれないが、
グループの1位と2位では大違いである。ましてや、イランにはアウェーで1−2で負けているのだ。
スカッと勝って終わって欲しい。

TV観戦をしながら夕飯にする。
今日は、缶ビール350ml*2本、ほうれん草のごま油炒めを乗せた冷や奴、切り干し大根、オクラの炒め物、
枝付き枝豆、チーズと卵のオムレツ
、納豆、ご飯。

日本はイランに2−1で勝った。先日のお返しをした事になる。
これで勝ち点でトップにたち、グループの1位を確保した。
試合後のジーコのコメントがとても良かった
本番では世界をあっと言わせるだけの成績をあげて欲しいとものだ。

食後にデンタルケアを済ませて横になっていると、睡魔に急襲される。
いつの間にかあちら側に連れて行かれていた。推定23:00頃。

2005.0816(火) それぞれの命日

7:00に目覚めたが、当然に二日酔いのため再びダウン。
暫くの後、ようやく頭が覚醒し出した。10:00に起きあがる。
支度をして社に出向く。
今日の天気は曇天。久しぶりに涼しい夏の日となった。

メールチェックやウェブ巡回を行い、雑務を進めていく。
マイツールによると、今日はハギワラカツオさんの命日だったことに気づく。

ハギワラさんは、3年前の自然塾でスタッフとしてキャンプのお手伝いをしてくれた人である。
あの時は突然の悲報を知らされて涙が止まらなかった。
早速に自然塾のメーリングリストにその旨を伝え、皆で冥福を祈ろうとのメッセージを送る。

ついでといっては何だが、僕の婆さんの命日でもある。
おまけに、(といっては何だが)、エルビスプレスリーの命日でもある。
それぞれが死に出会った日に合掌。

午後に銀行に出かけ、諸事情により伊豆自然塾の口座を開設する。
免許証と印鑑を持参し、10円を預け入れて通帳を作った。
手続きは簡単だが、少々時間が掛かりすぎたのが玉に瑕。

曇天の空から、雨が落ちてきた。
滴は暫くの間地面をぬらしたが、すぐに止んで再び曇天に戻る。
雨が上がってから、母親を連れて墓参りに出かける事にする。
墓石を磨き、花を添え、線香を焚いて14年前に他界した婆さんの冥福を祈る。

カミさんの週に一度の夜勤の為、暫くを店の戦力となったりしていると、時はすぐに流れていく。

18;30に総合会館にケーキの配達に出かけた。今日は、桂座の打上げが行われるようだ。
8月5日から始まった桂座は、プロの3日間の演奏ととグランプリ受賞者の演奏の後、
アマチュウィークを経て昨日無事に終了した。
この期間、スタッフの苦労も相当なものだったに違いない。
ボランティアの方々にも本当に頭が下がる。ご苦労様と言いたい。

帰社後、雑務を進めてから20:00少し前に終業して帰宅し、
今度はスギムラヒロカズくんの長男の誕生会に参加する
不二家のケーキを持参し、バースデープレゼントに代えさせて頂いた。

子供達は既に食事その他を済ませ、花火をしたりして遊んでいる。
大人は勿論飲酒を進めていく。

22:00を過ぎて宴は終了する。
息子は他の子供達と一緒に、駐車場内のテントに泊まっていくのだという。

片づけを済ませてから小一時間の約束で、「スナックびろーど」へと流れた
暫くは静かな時間が流れていくが、唄を歌い始めてから予定が狂った。
桂座チームの合流もあり、小一時間の約束は当然に破られる事になる。

2:30になってようやく今日を諦めて散会することにした。
帰宅してデンタルケアを済ませると、そのままあちら側に連れて行かれた。
ちょっと、はしゃぎ過ぎてしまったかもしれない。

2005.0815(月) 終戦記念日

6:30に一旦目覚める。
カミさんは息子を起こしてラジオ体操に出かけるように諭している。
急げば間に合うからすぐに出かけろと言う声はするが、僕は目を開けることも出来ない。

気づくと息子は既に帰還している。
起床して朝飯を頂く。朝食は、オクラと納豆、空芯菜とわかめと卵の入ったみそ汁、ご飯。
外は夏の日差しが降り注いでいる。今日も暑くなりそうだ。

支度をして社に出向き、スタンバイを済ませてからメールチェックなどを行う。
お盆時期に入ったこともあって、修善寺駅前はそれなりに賑やかだ。
店もそれなりに客足が多い。

気温は時間の経過と共に上昇していく。本当に暑くってたまらない。
店の前に水打ちをして少しでも涼しさを出そうと試みる。

12:00になってサイレンが鳴る。今日は60回目の終戦記念日である。
8月15日も、今日で戦後の還暦を迎える。
戦争を知る人の多くは高齢になり、戦中の体験を語り継ぐことが今後困難になるだろう。

店内でカミさんと息子と一緒に1分間の黙祷をする。
戦争で奪われた多くの命が、あちらの世界で安らかでいますように、
2度と戦争など起きませんように、
世界が正しい道を進みますように、と念じた。

4月に起きた反日デモでや、サッカーのアジア選手権でのバッシングで、
僕らは戦後の史実についての間違った認識に気づき始めた。
彼らの主張することが事実と違うことが分かってきたのだ。
と同時に、日本の外交姿勢のふがいなさに憤りを感じている。
今後は言うべき事を言わなければならないのだとの思いが強くなった。
日本は是非とも正しい道を歩んでいって欲しい。
※参照
http://www.epochtimes.jp/editorial/9ping-7.html
http://carefulchina.blogspot.com/
http://photo.jijisama.org/
http://blog.yoshiko-sakurai.jp/archives/cat28/index.html

16:41のイズッパコに乗って仁田駅に向かう。
今日は(も)飲み会。久しぶりに昔の悪友3名+1名で飲みに出かけようという企画が持ち上がった。
17:30から熱函の道路脇にある居酒屋に入り、食事を兼ねて飲酒を進める
ビールで乾杯し、それぞれの近況報告を述べてから昔話に華を咲かせた。

21:00過ぎに居酒屋を終え、2次会は沼津のスナックへ。
ウイスキーを飲みながら唄を歌い、およそ3時間ほど楽しんでから駅前のラーメン屋で小腹を満たす。
1名が飲酒を遠慮してくれたおかげで、解散後に自宅まで送ってもらった。

デンタルケアを済ませると、さすがにダウンである。
飲み過ぎた。

2005.0814(日) ニンジン効果?

7:00に一度目覚めるが、睡魔に引き込まれて次に気づくと8:00を過ぎていた。
天気は快晴。昨晩の雷雨が嘘のように晴れ渡っている。
息子達は上天気の中で、さぞかし楽しい一日を送るのだろう。
できれば一緒に遊びたいと思うが、時既に遅し。

支度をして社に出向く。
スタンバイを済ませてからメールチェックやウェブ巡回を行い、雑務を進めていく。

先日になってようやく伊豆自然塾キャンプの画像が揃ったため、
それらの整理を行える状況になった。
スギムラヒロカズくんは、既にビデオ編集作業を進めており、
それに挿入する画像を早く渡してくれるようにせかせれていた。

昨年までの数年間は、参加者に対してDC−ROM2枚に動画と画像を入れて送付してた。
HTMLで編集し、アルバム形式での表現をとっていたのだが、
今年は、時代もDVDに追いついているだろうという判断で、DVDでの送付を決めている。
PCでの閲覧よりも、家庭用DVD再生の方が一般的だろうということだ。

DVDをコピーするのに、スタッフの作業時間は格段に多くなり負担も増えるが、
3日間の記録を参加者と家族にみてもらうためには、たいした苦労ではない。
できれば、2回目キャンプが始まるまでには送付したいと思うが、
コピー作業時間を考えると難しいかもしれない。

画像は膨大な量となっていて、時系列での整理がかなり面倒。
おまけに、ピンぼけ写真や同じような場面が重複していたりしていて思ったよりも時間がかかる。
夕刻を過ぎても半分も処理しきれなかった。残りは次繰ることにする。

17:00に息子がキャンプから帰還してきた。話を聞くと、相当に楽しかったようだ。
海水浴あり、川遊びあり、ちょっとした喧嘩もあり、、、。
中でも一番楽しかったのは、川遊びだったようだ。
夏休み中にもう一度そこで遊びたいのだと再三僕に話してくる。
宿題を全て終えたら考えようか、とわんわりとかわしておいた。

20:00に終業して帰宅する。
息子は川遊びにもう一度行きたいが為に、俄然宿題を頑張っている。
ただ単に、頑張れとかやりなさい、というのは子供にはあまり効果がなさそうにみえる。
ニンジンをぶら下げないと頑張る姿勢はなかなか生まれないのかもしれない、などとも思う。

今日の夕飯は、缶ビール350ml、豚のヒレ肉炒め茄子とピーマンの麻婆大根サラダ
辛子明太子、冷や奴、ご飯。食後にメロンを頂いた

食後にTVで「ゴジラ」を観賞後、入浴とデンタルケアを済ませてから横になる。
今日も蒸し暑くてたまらない。睡魔の到着も大幅に遅れてしまった。
24:00を過ぎてからいつの間にかあちら側に連れて行かれる。

僕も一緒にキャンプに行きたかったなぁ。

2005.0813(土) 出没?アド街ック天国

7:00に起床して、おにぎりとサンドウィッチで朝食にする。
息子は、今日と明日の2日間、
ヒロカズくんとナルヤスくんたちが出かけるキャンプに連れて行ってもらうことになっている。
7:45に迎えの車に乗って、(替え歌風に)知人さんに連れられて行っちゃった

今日の天気は曇天。日中降雨があるかもしれないという天気予報。
せっかくのキャンプに雨天は可哀想だが、天気はなんとかなるだろう。

支度をして社に出向く。
スタンバイを行い、販促キャンペーンの資材を整理し、
今日の新聞折込みチラシ(赤チップ)効果に備えて販売体制を整えた。

今日は土曜日でしかも盆の時期ということもあり、朝から客足が多い。
昼を過ぎても店の慌ただしさは続いている。それなりのPQを期待できそうな状態だ。
8月はこれまでのところ、昨年と比較してかなり成績が悪い。
2日の夏祭りでは店売りで当てが外れたし、その後もQ(客数)は低迷したままである。
今日くらいの賑やかさが毎日でも続いていて欲しいと切に思う。
暇をみてメールチェックやウェブ巡回を行っていき、雑務諸々を進めていく。

16:00にTVtokyo「出没!アド街ック天国」の製作会社の方々が来店した。
今秋放送予定の伊豆修善寺の特集の中で紹介される弊社「あじ寿司」の話を聞いていく。
ついでに、番組製作の材料集めのためだろうか、修善寺についての諸々の取材を受けた。
ちなみに、番組は10月15日(土)21:00〜21:54の放送予定。
「出没!アド街ック・・」での修善寺の特集がどんなものになるのか、非常に興味深い。

夕刻に雷雨がある。雷音のあとに激しい雨が降り始めた。
そろそろ夏も終わりが近いということだ。
出来ればずっと夏の臭いに包まれていたいと思うが、時は容赦なく過ぎていく。

20:00に終業して帰宅する。
夕飯は、缶ビール350ml*2本、砂ギモとタマネギとピーマンの炒め物空芯菜炒めとしらすおろし
鮪のカルパッチョ、今年初物のサンマの塩焼き、ご飯。

食後にTVを未ながら寛ぎ、入浴とデンタルケアを済ませてから睡魔を待つ。
1:30を過ぎてからあちら側に連れて行かれた。

2005.0812(金) 初めてのお使い?

7:00に起床する。息子は未だ寝ていたが、暫くして起きあがった。
ラジオ体操に行かなきゃ、などと全く寝ぼけた事を言っている。
息子には朝の緊張感などみじんも感じられない。とはいうののの、僕も朝はかなり弱い。

支度をして社に出向く。
今日は曇天。涼しくて過ごしやすい。
天気予報ではこれから下り坂になり、降雨があるだろうとのこと。
だが、天気予報は当てにはならない。

スタンバイを済ませてからメールチェックやウェブ巡回を行い、昨日の日記を作成する。
今日の伊豆日日新聞に伊豆の国市に「伊豆のへそ」の道の駅が出来たと報じられていた。
「伊豆のへそ」はかなり前からNPOで使っているのに、どういう了見だろう。
伊豆のへそという単語については、一般名詞としての認識なのだろうか。
「NPO伊豆のへそ」で商標登録でもとっておくべきだったかもしれないが、
商標というならば商売関係に限る事なのか、、これについては認識不足。

昨日客注にてギフトを注文され、発注をかけたところその商品はあいにくの欠品だったことが判明し、
大場店に問い合わせたところ在庫ありとのことで、品物を借りに行くことになった。
丁度息子が暇そうにしていたので、電車に乗ってのお使いを頼むことにする。

意気揚々と出かけたは良いが、帰還までの間に何度か電話が入った。
電車の座席の間に切符が挟まって取れなくなり追加料金を払ってしまったこと、
帰りの電車の行く先を確認しなかったため、三島に到着してしまったこと、
帰りの電車料金が不足しているので困ったこと、等々をカミさんに話している。

失敗を経験することで、いろいろな事を経験してくれれば良い。
初めから全て上手くいかなくても良いさ、次にはちゃんと出来るやね、と帰還した息子に告げる。

13:00頃からカミさんは妹と一緒に出かけていく。
夕方のバイト到着までの間、僕が一人店の戦力となっていく。
お盆が近いのでギフトの包装などすべき事が多くあり、それなりに慌ただしく過ごしていく。

TVtokyoの某製作会社から電話が入った。
ある番組を作るに当たって、修善寺周辺で番組の趣旨に合った人を紹介して欲しいという内容。
僕の日記から、それなりの知人を知っていそうだというのが電話をかけてきたきっかけのようだ。
ウェブの世界は面白い。出来れば弊社「あじ寿司」や「い寿司」の取材申込みの方が有難かった。
しかし、僕の日記から何がどう転ぶか分からないというのも興味深いものだ。

19:00まで仕事を進めて後、19:30から伊豆自然塾の全体ミーティングに参加する
昨日の意見調整を踏まえて、今日は全体でのベクトルあわせをしていく。
先日のキャンプを振り返って、意見を出し合っていった。

会議は22:10に終了し、昨日は未遂に終わったアフターミーティングが開かれた
場所は駅前串特急。
前回キャンプについて、次回キャンプの運営について、前回参加者からの反応について、等々
をつまみに話し合いが進んでいく。
あっという間に時は流れ、いつの間にか閉店時刻となった。1:00を過ぎて散会する。

帰宅後、デンタルケアを済ませるとすぐに睡魔が到着。
2:00頃にあちら側に連れて行かれた。

2005.0811(木) 恒久的なMQ?

5:30、6:30、6:45、7:00、と何度か目覚めてはそのまま横になったり、を繰り返し、
8:00を過ぎて起床する。

何度目かの目覚めで見た夢なのか定かではないが、会計事務所に就職した夢をみた。
新入所員として、かなり緊張している。これから従業員として人に使われるのである。
何で今頃になってこうなのかなぁ、と思っていると場面がいくつか変わったのだが、
変わったいくつかの場面については記憶に残っていない。まぁ、どーでもいい。

支度をして社に出向く。
今日は曇天。時折晴れ間を見せたりするが、割合に涼しい朝である。
スタンバイを済ませ、メールチェックやウェブ巡回を行い、雑務を進めていく。

テレビ東京「アドマチック・・」から取材依頼の電話をもらった。
6年前に修善寺の特集を行ったが、今回は別の切り口で番組を作るそうで、
製作にあたって、弊社の「あじ寿司」について話を伺いたいという内容である。
取材日は、今週末13日(土)の夕方。

今年は修善寺駅の乗降客が少ないせいか、舞寿しのPQも低迷している。
そんな状況の中、TVで赤チップ(広告宣伝)をしてくれることは有難いことだ。しかも0円。
TVでの赤チップ効果は、それなりに期待できるかもしれないが、根本的なPQアップをする必要がある。
PQ低迷から1歩抜け出すためには、やはりネット通販しかないのかもしれない、と思いつつ、
商品開発が未だできないままである。早くしないと、、。

今日は朝から割合と忙しい。不二家は来客が多く対応に追われる時間帯もあった。
ただ、忙しい日と暇な日の差が無いような商売をしていきたいと思う。
毎日恒久的にPQ(本当はMQ)を確保していかなければならない。策を講じないといけない。

銀行に出かけて支払い処理をして後、帰社後にウェブページの作成をしたり、雑務を進めたりしていく。
夕刻19:00過ぎに終業して、19:30から始まる伊豆自然塾のコアメンバーによる会議に参加する

今日は前回キャンプでの反省点や、今後の展開についての話し合いを行った。
初めての場所での開催については、運営する側にとってはかなりのストレスがあったようだ。
それらを一つずつ、つぶしていかなければならない。
スタッフの出務状況からそれぞれの役割を決め、スケジュールに沿って必要事項を決めていく。
これらは、明日行われる全体ミーティングに反映されることになっている。

会議は22:10過ぎに終了しする。
当然にアフターミーティングが開かれると思いきや、明日があるから、ということでそのまま解散。
僕はコンビニでミニ天丼を調達して帰宅する。

帰宅後、ミニ天丼を掻き込んだ。今日は週に一度の休肝日を実施するため飲酒をしないことにする。
食後にシャワーを浴びてからTVを眺めながら寛ぐ
蒸し暑くい夜に不快指数も上昇し、なかなか睡魔が到着しなかったが、
1:00を過ぎてからようやくあちら側に連れて行かれた。

2005.0810(水) 再び多々戸浜

6:15に起床して息子を起こすが、眠くて仕方ない様子。
ラジオ体操が始まるよ、と言っても皆目動く気配が無い。
昨晩遅くに起きてしまったせいなのかもしれない。故に僕は強引に起こすことが出来なかった。
そのまま寝かせておくことにする。

息子は8:30を過ぎてようやく起きあがる。僕は支度をして社に出向いた。
今日の天気は曇天、もしくは薄曇り。強い日差しはないが蒸し暑さが辺りを包んでいる。

メールチェックやウェブ巡回を行い、雑務を進めていく。

自然塾キャンプ参加の母親からメールを頂いた。
僕の日記について励ましの言葉が綴ってある。何とも有難い限りだ。
いつ途絶えてしまってもおかしくない僕の日記が、何とか3年を続けることが出来たのは、
知人のちょっとした励ましの言葉やメールの力に依るところが非常に大きい。
今後もいつ途絶えてしまうかはわからないが、このまま継続していこうかと思う。

銀行に出かけてPQの入金を済ませ、帰社後PCバンキングにて支払いその他を処理する。
毎度ながら、支払いは大嫌いだ。
ふと思うのだが、僕の体重が減少したのは僕の努力の成果ではなく、
資金繰りに頭を悩ませているのが主な原因なのかもしれない。

11:30に帰宅して、海に出かける支度をする。
今日の予定は、多々戸浜+伊東の按針祭、という流れ。
もっと早くに出かけたかったが、処理すべき諸々のために出発が遅れてしまった。

12:00に家を出て下田に向かう。
およそ1.5時間余りかけて多々戸浜に到着した
前回は台風接近により波が高くてワクワクしたが、今日はとてもおとなしい海の様子。
簡易ビーチテントを建ててから、ビールを飲むことなくすぐに海に走る。

夜の按針祭に間に合うには、海を15:00に切り上げなければならないが、
そうなると、海に居られる時間は正味1.5時間もない。
息子は海遊びに夢中のため、後ろ髪を引っ張るには少々可哀想な感じもする。
どーする?と聞くと、海にいたいというので按針祭を断念することにした。

海、ビール+つまみ、海、ビール、のサイクルを何度か繰り返して、多々戸を諦めたのが16:00過ぎ。
今日は駐車場が混雑していたため、車を止めたところが入り口からかなり離れた売店の横である。
ここでシャワーを浴びようとしたが、普段使っている所よりも価格が高く、
売店のおばちゃんの対応が全くなっていなかったので、入り口近くまで車を移動してシャワーを浴びることにする。
だって売店前の水道水を使うのにも文句を言うんだぜ。

少しばかりの順番待ちをしてから、200円4分の温水シャワーを浴びてスッキリしたところで、
車に乗って多々戸浜を後にした。
帰りは、下田駅周辺と白浜あたりで渋滞にはまったが、あとはスムースに流れ、
およそ2時間をかけて19:00前に自宅に到着。

その後、近所の「ぱすた屋REB」に出かけて夕飯にする。
赤ワインブラッドオレンジジュースで乾杯し、料理を頂いていく。
つまみは、自家製スモークの盛り合わせトマトのブルスケッタ鶏の唐揚げ
パスタは、渡り蟹のホワイトソーススパゲッティイカスミのスパゲッティ魚介のトマトクリームスパゲッティ
食後にデザートとコーヒーを頂く

TUTAYAでDVDをレンタルしてから帰宅し、デンタルケアの後映画鑑賞をする。
息子は海からの車中、ずっと寝ていたために元気が良い。

レンタルDVDを最後まで鑑賞する事無く、僕はいつの間にかあちら側に連れて行かれてしまった。
海で、はしゃぎ過ぎたのかもしれない。

2005.0809(火) 子供MG感想文

6:30に起床する。
朝飯は、モロヘイヤを入れた納豆、菜っ葉とわかめと素麺のみそ汁、ご飯、牛乳。

支度をして社に出向く。
今日も天気は上々。2回目の自然塾キャンプではこんな陽気でいてほしい、なんて事を考える。

スタンバイを済ませてからメールチェックやウェブ巡回を行い、
ここ数日の日記を作成しながら雑務を進めていく。

子供MGの感想文が送付されてきた。
息子の感想は勿論だが、他の参加者の感想文も一緒に入っている。
西佳恵先生のコメントもあり、子供MGでいかに子供達が学んでいるかが伺えた。
来年の開催は8月1日から3日とあり、引き続きの参加を待っているとのこと。

息子にとっては、8月2日の夏祭りと日程が重なってしまっていることに頭が痛いだろう。
今年も祭りには参加したいが、MGにも行きたいというジレンマがあったようだ。
果たして彼はどちらを選択するのだろう。親としては当然MG優先である。

ちなみに、子供MGの詳細はJOKER氏の日記にアップされている。
http://joker.tea-nifty.com/joker/


カミさんの週に一度の夜勤の為夕方に店の戦力になる。
今日は19:30から会議があるので、それまでに息子に夕飯を食べさせたりしなければならない。
18:30に帰宅して、既に用意してくれてある中華丼を食べる

息子を自宅に置いて、19:30から少年野球の役員と父母の会議に参加する。
今月行われる西浦での合宿について、スーパージュニア戦について、等々説明を受け、
詳細を打ち合わせていく。

会議は21:00前に終了し、当然にアフターミーティングが開かれる。
息子を一人自宅に残したままなので、寝かしつけてから合流する旨を伝えて帰宅する。

自宅に戻ると、息子は夕飯を食べている最中にダウンしてしまったようで、
完璧に寝入ってしまっていた。僕は入浴を済ませて後、家を出て駅前串特急に向かった。

店には4名がミーティングをしている
早速にビールで喉を潤し、先日の黒潮大会での戦いぶりや、西浦合宿の件などについて等々
あれこれ話を進めていく。

今日は軽く終わると思っていたアフターミーティングは、思惑通りには進まずに
1:00になってようやく終わりを告げた。

帰宅して息子の様子を見てみると、何と横になったまま目を開けている。
早くに寝てしまったので、途中で目が覚めてしまったそうだ。
トイレに連れて行き、一緒にデンタルケアを済ませてから横になる。
暫く眠れない様子だったが、そのうちにあちら側に連れて行かれたようだ。
不良な父親で申し訳なし、と無言で誤った。

蒸し暑い夜、僕も次第に意識が遠のいていった。推定2:00頃だろうか。

2005.0808(月) まちづくり

8:00過ぎに起床する。連日の深酒で体が休息を必要としているようだ。
まだまだ眠くて仕方ない。

支度をして社に出向く。
今日は曇天。昨日の夕方から晴れ間を雲が覆い、今日は痛烈な暑さを免れている。
そういえば昨日は立秋だった。暦の上では既に秋に入っていることになる。
まだまだ暑い日が続くだろうが、僕らの都合の良いような天気でいて欲しいと思う。
さしあたって、天気担当の僕としては第2回目の伊豆自然塾キャンプは必ず晴れて欲しい。

スタンバイを済ませてからメールチェックやウェブ巡回を行い、雑務を進めていく。
昼に修善寺駅売店で冷やしかいわれ蕎麦=500円を食べてから、銀行に出かけた。
PQ入金を済ませてから、PCバンキングにて給与支払いその他の処理を行う。
毎度ながら、支払いは大嫌いだ。

19:30に終業してから、伊豆自然塾のアサダマサオくんが来店した。
資料を置いていくついでに、2回目のキャンプについての話をしていった。
1回目のキャンプを行って、反省点、改善すべき事が諸々持ち上がったため、
それらについての打合せをしていった。

20:00に駅前コミュニティホールに出かけて、まちづくり会議に参加する
今日は、駅前の将来計画案を元にグループ毎に話し合いを進めていく。
近い将来(5年後)を目途にどうしていった良いのかを、マップを見ながら話を進める。

コンサルタントの書いた絵は、それほど斬新なものでもなく、
之まで僕らが提言してきた事項はあまり反映されていなかった。
前回会議からかなりの時間を経ての作品の割に、提案マップは個人的には満足度が低い。

実現の可能性を鑑みたり地権者の利害が絡むために、思い切った提案は出来ないかもしれないが、
ここ数年間のワークショップで話し合われた事は、無駄になってしまっているような気もする。
まちづくりは時間がかかるとは言いながら、積み重ね作業がなされないまま、
単年度の事業消化に終わりがちになることはとても残念だ。
そろそろ成果を出さないと、僕らの情熱も冷めてきてしまいそうだ。

21:30に会議が終了後、帰宅して食事にする。
夕飯は、缶ビール350ml、アスパラサラダ、京シシトウ、空洞菜とベーコンの炒め物、菜っ葉と油揚げのおひたし、
モロヘイヤを混ぜた納豆
鶏の唐揚げ、ご飯。

TVでは、郵政民営化案が参議院で否決されたことから、首相が衆議院解散を決めたニュースを報じている。
9月11日に選挙が行われることになった。
果たして自民党は?日本の政治は??どーなっていくのだろうか。

構造改革を唱え、政治公約に郵政民営化を掲げてきた自民党は、
土壇場になって多くの造反者を出してしまった。政治家は嘘つきである。
民主党も郵政民営化についての対案を出すこともなく審議拒否をしていた。

国を憂う。
内政もそうだが、外交についても賢明な判断の出来る政治家は数少ない。
アホな政治家はいらない。有権者は憂うべきだ。 と僕は思う。
国を憂う前に自分の事を憂うべし、と言われそうだが、ご容赦あれ。

デンタルケアの後、23:00頃に睡魔に連れて行かれた。

2005.0807(日) 野球に夢中

7:00に起床する。朝飯はおにぎり2個。
息子を起こすが、昨晩寝られなかったそうでかなり眠い様子。
「鮨ひがし」で一旦寝てしまったため、自宅に帰ってから僕らの話し声が気になったらしい。
息子に謝り、少しだけ反省しておく。

8:00前に支度をして息子と一緒に小学校に出かける。
眠い、といって息子は涙を流していたため、そのまま車に残して僕だけグランドに向かった。
子供達が試合会場に向かうまでの間、アップに付き合い体を動かしていく。

今日は公式戦「黒潮大会」が行われるのだが、僕は第1試合での審判を依頼された。
アップを途中で切り上げて狩野川グランドに出かけていく。
今日も天気は快晴。この暑い中で試合を行うのは酷だと思うが、相手チームも条件は同じ。

9:30から第1試合が始まった。僕は2塁の塁審を務める。
昨晩の深酒と寝不足とこの暑さで、僕の意識が朦朧としていく。
試合中に3度の給水があったが、もしそれが1回でも少なかったら僕の体力は限界を越えていただろう。

およそ1.5時間で試合が終了し、昼を過ぎてから息子達のチームの第2試合が始まる
試合は初回にこちらのミスで1点を先制され、その後それぞれが得点を重ねたが、
3−4と相手のリードを許したまま5回の裏の攻撃となった。
試合は7回終了もしくは、開始から90分経過で終了となるため、この回で挽回しておきたいところである。
この回、ワンアウトランナー2,3塁という場面で2ランスクイズが見事に決まり、5−4と逆転に成功した。
6回の表の攻撃を0点に抑え、結局は時間切れでこちらの勝ちとなった。

30分の休憩を挟んで2試合目が始まる。相手は第1試合で勝ち残った土肥のチーム。
この試合、2回の裏に相手チームに先制されるが、3回の表の攻撃で1点と入れて同点となった。
その後、6回終了まで両チーム得点できずに時間切れ。
大会の特別ルールで、ノーアウト満塁という状況からそれぞれ攻撃を行い勝負を決めるのだという。

この状況で、息子のチームはヒットと2塁打で3点を入れて攻撃を終えた。
あとは、相手の攻撃を2点以下に抑えればこちらの勝ちが決まる。
相手チームの攻撃では、いきなり押しだしフォアボールを与えてしまい、不安な出だし。
だが、ここで練習の成果が守備に出る。ピッチャーゴロでホームゲッツーに討ち取ったのだ。
2アウト2、3塁から再びフォアボールを出したが、最後はキャッチャーフライでゲームセットとなった。

みている父母達も立ち上がって応援をし続けた。
はらはらドキドキの状況を、子供達が練習の成果を試合で見せてくれた事はとても嬉しい。
昨日練習した通りの事がそのまま勝ちに繋がったのである。

試合終了後、片づけを済ませて小学校に戻り、その後解散
息子と一緒に帰宅するが、息子に、今日みたいな試合で活躍したいよね、と聞くと素直に頷いた。
今日の試合を見ていて、彼も少しはやる気になってくれたことだろう。

シャワーを浴びてから今度は温泉場で開催されている「桂座」に出かける
今日は桂座準グランプリの2組が出演するのだが、受賞者の一人森田みきさんはカミさんの友人である。

一組目の25絃琴と琵琶の演奏が終わり、いよいよ彼女の演奏が始まった
会場は知人と友人が多く参集し、さながら同窓会のような雰囲気となった。
およそ1時間の演奏の後、1組目の演奏者とのジョイント演奏を行い今日の桂座が終演する。

帰宅後、22:00頃から少年野球の監督コーチ、父親達が慰労会をしている串特急に合流する。
彼らは既に17:30から宴を始めていて、かなりの盛り上がり状態だ
僕はビールを3杯で追いつこうとするが、なかなかその乗りについていけない。

22:30に一旦慰労会は終了するが、そのまま「スナック紅」に流れた。
焼酎を飲みながら今日の試合を振り返ったり、練習について、父母の役割などを話し合っていく。

長かった一日は1:00になって終わりを告げた
帰宅してデンタルケアを済ませると、さすがに体力の限界となった。
1:30過ぎだろうか、そのままダウン。
2連チャンの深酒を反省してみるが、仕方ないやね。

2005.0806(土) 飲み過ぎた

7:00に起床して、トースト1枚と完熟トマト数個で朝食にする。
今日も天気は快晴。真夏の日差しが降り注いでいる。

TVではヒロシマでの慰霊祭の様子を伝えている。
8:15に鐘が鳴らされて黙祷。僕ら3人もTVの前で起立して黙祷を捧げる。
人類史上初めて原子爆弾の被害者となったヒロシマの人達に、そして
今後、同じ事が決して繰り返されない事を願って、1分間の祈りを捧げた。

今日の夕方に兄夫婦がやってくるというので、庭の草取りを始める。
こんなきっかけでもない限り、僕は無精のまま日々を過ごしていくのが常だ。
蔦を間引きしているときに、左の膝あたりに違和感があり、その後激痛が走った。
何かに刺されたのかもしれない。
刺された跡をみても何も変化がないため、そのまま作業を続けていくと小さな蜂が数匹飛んでいるのに気づく。

草取りを終えてから、治療のため修善寺クリニックに出かけていく。
蜂に刺されたらすぐに病院に行け、とカミさんに言われたからだ。
クリニックは相当に混雑していて、容易に治療の順番が回ってきそうもなかったが、
蜂に刺された、と述べると順番を繰り上げて診てもらえた。

ステロイド系の軟膏を塗った上から湿布をして、あとは処方箋をもらって治療は終わる。
ただ、今日は飲酒は絶対してはいけないと注意された。
これは困った。夜は宴席を設けてあるのである。どーしましょう、、。

社に戻ってからメールチェックやウェブ巡回を行い、雑務を進めていく。
14:00を過ぎてから小学校に出かけ、少年野球の練習に参加する。
話を聞くと、午前中は多くの子供が暑さでダウンしていたそうだが、午後はそのほとんどが復活したとの事。
この暑さの中での体調管理はかなり注意が必要である。
だが、つらい練習を乗り越えないと肝心の勝負所で相手に勝つことは出来ない。
スポーツは、最後には闘争心のある方に勝ちが転がっていくのだ。
子供達にはつらいところだが、いろんな経験をしていって欲しいと思う。

練習は17:00に終了する。片づけを行い、息子と一緒に帰宅。
シャワーを浴びて後、先ほど到着して兄夫婦と共に「鮨ひがし」へと出かけた。

ビールで乾杯し、料理を頂いていく。
医者に飲酒は控えろ、との忠告はこの際忘れることにした。
料理は、白海老のフライイイッコ刺身の盛り合わせポテトフライトコブシイカのバター炒め
アナゴと野菜の天ぷらタコの唐揚げアサリバター握り盛り合わせ
途中から兄の旧友ワタナベヤスヒコさんが合流し、昔話に華が咲く。

宴は22:00を過ぎて一旦終了し、場所を自宅に代えて2次会を行う。
兄嫁の誕生プレゼントのCDを聞きながら、バーボンを飲んで夜を過ごしていった。

3:00になる頃にようやく今日を諦めた。
ワタナベさんを送ってからデンタルケアを済ませて、そのままダウン。

兄には旧友との昔話が相当楽しかったに違いない。
それにしても深酒のしすぎである。

2005.0805(金) 開始から3年

7:30に起床する。
息子はラジオ体操に出かけて、既に帰還していた。

昨日のウナギの肝が効いてたのかわからないが、目の周りがしょぼしょぼする。
二日酔いではないが、目の周りが充血していてスッキリしない。
支度をして社に出向く。

今日も天気は上々だ。夏の日差しが強く、暑くなりそうな空気が辺りを包んでいる。
スタンバイを済ませてからメールチェックやウェブ巡回を行い、
キャンプ中の日記作成を進めていく。
8月に入ってもいろいろなことがあったが、ここ数日についてはアップはしないものの日記の作成は進んでいた。
画像の処理だけを残しているだけである。
店を時折手伝いながらひたすら日記を綴る作業を続ける。

僕のPAOPAO通信は、今日をもってまる3年を過ごすことが出来た。
この間、一日も書き忘れることなく(停滞はあったものの)続いたことは、我ながらエライと思う。

この日記のおかげで、いろいろと良いこともあった。
兄夫婦とも久しぶりに会えることも出来たし、昔の友人からの便りもあった。
即反応があるという訳でもないが、僕にとっては何かがじわりと浸みてきている気もする。

MGの知人清閑氏に触発されての日記開始は、途中何度か頓挫の危機があったが、
励ましの便りなども頂いて何とかここまで来ることが出来た。皆さんに感謝したいと思う。
今後、このペースで日記を綴っていくかどうかは、今のところ不明。

日記作成を行いながら、給与計算をしたりして雑務諸々を進めていく。
20:00に終業して帰宅し、夕食にする。

夕飯は、素麺、オクラのたたき、モロヘイヤ、ベーコンとタマネギの炒め物、ご飯。
飲酒を控えようかとも思ったが、
今日は3周年の記念として、自分にご褒美の意味を込めて缶ビール500mlで乾杯する。

TVを眺めていると、TBSで「ヒロシマ」の特集番組を放映している
60年前の8月6日は、3.05mのリトルボーイが多くの命を瞬時に奪った日である。
その時の様子を再現したCGや、被爆者の体験談などを見ていると、思わず涙が流れてきた。
エノラゲイ搭乗員の話もひどいと思ったが、原爆を落とされる側の気持ちは60年を経た今でも
決して癒される事はない。心から叫びたい。NO MORE WAR!

シャワーを浴びてからデンタルケアを済ませ、就寝体制に入るのだが、暑くてたまらない。
暫くエアコンを付けて室温を下げると、ようやく睡魔が到着する。
睡魔も暑さは苦手のようである。24:00を過ぎてあちら側に連れて行かれた。

2005.0804(木) 子供MG

7:00に起床する。
今日は子供MGに参加している息子を迎えに行く日である。
支度を済ませて、8:46のイズッパコに乗り、三浦海岸に向かう。

三島からの急行電車の中でPCを起動して、キャンプ中の日記の作成を進めていく。
画像を見ながら3日間の流れを思い出し、タイピングしていく。
およそ1時間余りの間、キャンプの事を綴っていくのだが、書くことが多くて初日の分しか完成できない。
あとの2日間と画像処理は後日に次繰る事にする。

10:51の京浜急行にのって11:30過ぎに三浦海岸に到着。
そこで切符を出そうとすると、肝心の切符が行方不明。
ズボンのポケットや荷物の中を探すが、どーしても出てこない。
仕方なしに、2度目の550円支払いをして改札を出た。何ともアホな事をしてしまった。

会場に到着すると、丁度子供MGが終わったところだ。
インストをしてくれた西佳恵先生や、お手伝いの方々にお礼を述べロビーに降りた。

大人と子供のおよそ15名で、駅前の居酒屋「あやとり」にて昼飯を食べることにする。
一昨日僕が昼飯を食べて気に入ったことからの提案である。
大人はBセット(ドリンク2杯と料理1品=1050円)、
子供達は各々に定食や酒のつまみみたいな料理を注文している。

一気に15名の注文をかかえた店の人は少々気の毒だったが、
それ以上に、帰りの電車の時間が迫った数名にとっては、
なかなか出されない料理に焦り、掻き込むようにしての昼飯となってしまったのも気の毒だった。

子供達は、皆充実した様子で表情が輝いている。
別れる際には、来年会おうね、と気軽に次回子供MG参加の約束をしている。
息子も当然のように来年の参加を決めているようだ。

14:00を過ぎた頃に昼飯を兼ねた宴会は終了し、僕らは上りの電車に乗った。
車中、酎ハイを飲みながら語りあう。
お手伝いのスタッフは、以前子供MGに参加していた人達である。
彼らが小学生の頃から子供MGが始まり、今では一緒に酒を飲み交わす仲になっている。
本当に感慨深い。

子供MG開催のきっかけとなったウワサワユウキくんが、子供達の前で話した言葉というのを
ナカヤカツヒコくんが教えてくれた。
自分がお世話になった人に恩返しは出来ないけれど、その人達の子供には恩返しが出来ると思う。
だからMGのお手伝いは本当に楽しませてもらった。みたいな内容だった。
これには感動した。こんな思いでMGに関わっている人がいるというのは、本当に有難いことだ。
彼の他にも、お手伝いをしてくれた皆が楽しそうに3日間のことを話してくれている。
彼らには、いくら感謝しても感謝したりないということはない。

品川に到着して、同行した仲間と別れて新幹線で三島に向かった。
1時間後に三島に到着。北口にカミさんが迎えに来てくれている。
イトーヨーカドーでちょっとした買い物をしてから、ついでにユニクロまで足を伸ばす。
ここでもちょっとした買い物を済ませ、「うな繁」で夕食としゃれ込む。
ここでは、うなぎの肝焼き2人前とうな重桜海老とウナギと魚の天ぷらを載せた駿河丼
石焼きのウナギ丼、を堪能する。当然、僕は生ビールを頂いた
土用のウナギの日に、ウナギを食べなかったので、今日が我が家にとってのウナギの日である。

食後、帰途につく。
修善寺到着後、温泉場に向かい今日から始まる桂座の様子を見に行く。
会場では既に演奏が終わり、観客が会場を後にしているところだった。
片づけの手伝いでもしていこうかとも思ったが、車の中では息子が寝てしまっているために断念。
そのまま帰宅することにする。

帰宅後、デンタルケアを済ませてから息子のファイルを眺めたりしながら寛いでいると
いつの間にか 睡魔が到着している。
23:00頃だろうか、あちら側に連れて行かれていた。

たった3日間とはいえ、息子にとっては人生の中で大きな3日間を過ごせただろう。
彼の内では大きな成長があった筈だ。
来年も当然に参加するつもりでいることが、何よりも有難い。

2005.0803(水) ブルー

7:30に一旦目覚めたが、昨日の飲みすぎからか体がだるいためそのまま2度寝にはいる。
9:00を過ぎてからようやく起きあがり、支度をして社に出向く。
今日は快晴。肌に射し込むような真夏の日差しが満ちている。

メールチェックやウェブ巡回を行い、ウェブページの作成を行ったり雑務を進めていく。
店は昨日の反動なのか、客足が疎い状態。世間では暑すぎて外出するのも嫌なのかもしれない。
昼過ぎに銀行に出かけてPQの入金を行い、引き落としに備え、帰社後も諸々をこなしていく。

昨日行われた手筒花火の使用後の手筒を頂いた。
協賛金を出したことのお礼とはいえ、今回僕は手筒花火については何も貢献していない。
頂くばかりで与えることが出来なかったことに多少の後ろめたさもある。
次回は何らかの形で貢献していきたいと思う。

20:00に終業して「大滝ラーメン」に出かけ、塩ラーメンとライスで夕飯にする。
飲酒は少し迷ったが、餃子生ビールをオーダーすることにした。

食後に帰宅して、既に始まっているサッカーの東アジア選手権、日本対中国の試合を観戦する。
先日の北朝鮮戦で菅井無い戦いをしたチームに、ジーコはカツを入れ、
スタメンの総入れ替えを行っていたが、これが裏目に出てしまった。
前半途中から2点を先制され、中国にペースを握られてしまった。

後半どうしても逆転しよう、という気持ちが見られないまま試合が進んでいく。
見ていてふがいない。控えの選手にとってはせっかくつかんだチャンスを生かそうという動きではないのだ。
試合終了前になって、ようやく同点にまで追いついたものの、後の祭りである。
どーにもこーにも、残念で仕方ない。

あまりにも情けないので、WOWWOWにチャンネルを変えると、
ずっと昔にみたことのある「ビッグウェンズデー」が放映されていた
あの頃の、何とも言えない郷愁が僕を誘う。ただ、サッカーの内容により画面もブルーだが気分もブルー。

自宅にて缶ビール350ml*2本を消費したため、酔いが回ってきた。
デンタルケアを済ませると、すぐに睡魔が到着する。24:00頃あちら側に連れて行かれた。

2005.0802(火) 夏まつり

7:00に起床して、おにぎりと野菜ジュースで朝食にする。
支度をして8:46のイズッパコに乗り、今日から始まる子供MGの会場のある三浦海岸に向かう。

天気は曇天。朝方には小雨がちらついた。
2泊3日のMGが雨では息子が可哀想だ。晴れるように念じておくことにする。

三島から特急電車にのり、車中を2人で本を読みながら過ごしていく。
およそ1時間で横浜に到着し、そこから東急に乗り換えて三浦海岸へ11:40に到着した。

駅前の不二家で昼飯を食べてから会場に向かうつもりだったが、あまり時間が無い。
仕方なしに、スーパーで弁当を調達してレストランでの食事を諦めた。

会場に到着すると、既に子供達のほとんどが集まっている。
今回の参加者は16名。当初19名の大人数だっただが、3名がキャンセルとのこと。
それにしても、参加人数が例年に比べて多い。
インストラクター達はさぞかし大変だろう。

サポートするメンバーの中には、知人の長男がお手伝いに来ていた。
彼が小学校3年の時だっただろうか、父親と東京MGに参加していてその優秀さに驚いたのだが、
これを機会に子供MGの企画が持ち上がったそうである。
その彼が随分と大人びていて、かつての面影を探すのにも苦労する程だ。
あれから早10年以上の時が流れてしまったのだ。当然といえば当然。

息子を会場に残して、僕は駅前に戻り昼飯を食べる適当な場所を探す。
不二家レストランに入ったがあいにくの満席のため、その通りにある「居酒屋 あやとり」に入ることにする。
Bセット(アルコール系飲み物2杯と320円の料理1品)=1050円をオーダーし、
生ビールと牛すじの煮込み(小)を頂いた
2杯目のビールが終わる頃に、天丼定食=720円で腹を満たす

息子には満足いく昼飯を食べさせてあげられないのに、自分だけ贅沢をしてしまった。
会場にいる息子に向かって頭を下げておく。

昼間のビールはつらい。すぐに酔いが回ってきた。
行き倒れ無いうちに帰途につかなければならない。
三浦海岸から横浜駅へ。東海道線で三島に向かう。当然車内では熟睡状態である。

17:00過ぎに修善寺駅に到着すると、駅前広場では子供達のシャギリが行われている
その後、修善寺工高の連峰太鼓が披露されたりして、駅前はかなり賑やかだ。
事務所でメールチェックやウェブ巡回を行ったりしてから、僕は店の戦力になる。

自然塾キャンプが直前まで行われていたことや、息子をMG会場に連れて行くことなどで
今回の祭りの準備に参加出来なかったこともあり、運営の戦力からはずさせてもらっていた。
祭りの日に、たまには店の手伝いをしなければ、、という状況である。

店頭でのかき氷は客足も多く、行列が出来るほどに盛況だ。
そこではバイトの高校生が上手く廻してくれているため、僕は店内での対応に専念する。
若い女の子が元気よく販売した方が良いに決まっている。
オヤジがしゃしゃり出る雰囲気ではない。

20:00を過ぎて打ち上げ花火が上がった。
今年は手筒花火は2年前と同じく河川敷で行われているので、様子が分からない。
できれば駅前で間近で見たかったのだが、これは仕方なし。

21:30に終業して片づけを行う。
PQは、店内は昨年を大きく下回り、店頭販売は昨年を若干上回った。
トータルでは、マイナス。手筒花火を駅前で開催する方がPQに貢献するような気もするが、
実際どうなのか、は不明。

22:15頃になって、カミさんとカミさんの母親と妹で「串特急」に出向く
ビールとホッピーを数杯消費し、晩飯代わりにつまみを食べていく。
24:00頃に宴を終えて帰宅し、デンタルケアを済ませてからそのままダウン。
昼のビールと夜のホッピーが効いた。
あるいは、キャンプの疲れが未だとれていないのかもしれない。

2005.0801(月) 事後処理

8:00に起床する。
3日間のキャンプでの疲れは容易には癒えない。
平均3時間の睡眠では無理もない。腰も痛いしブヨに刺された足も腫れて痛い。

トーストと野菜スープの朝食を食べてから支度をして社に出向く。
今日も天気は晴れ。キャンプ場に比べて下界はかなり蒸し暑い。
標高の差によるものなのか、単に今日がたまたま湿度が高いせいなのかは、不明。

スタンバイを済ませてからメールチェックを行う。
3日間の疎開により、未読メールがかなりの数となっている。

そのうちの一つにキャンプ参加者の親からお礼のメールがある。
子供が楽しそうに3日間のことを話していたという報告と、スタッフに感謝の言葉を頂いた。
こんなに素早い反応に驚くと同時にその内容に感動した。

今回、僕は裏方の仕事が多くて子供達に接する機会が少なかった。
自然塾ノートに書いてもらう毎日の感想を読むこともままならないため、
参加者がどんな気持ちでいたのかも、あまり把握出来ない状況だった。
このメールで、この子が本当に楽しかったという様子が伺えて嬉しくなった。

受信メールのいくつかに返信を書いたりしているうちに、あっという間に昼が過ぎている。
駅前は祭りの準備で慌ただしい。万国旗を取り付けたり、明日に備えてあれこれと役員が動いている。
お盆に入り、店もそれなりに忙しくなってきた。

14:30に銀行に出かけてPQの入金をしてから、帰社後にPCバンキングにて支払いなどの処理を行う。
毎度ながら支払いは大嫌いだ。

キャンプの事後処理(反省事項の洗い出し)をメールで行う。
項目別に感想や反省点、改善策などを記入していく作業を進めていった。
今回初めてのキャンプ場という事もあり、多くの反省点があった。
8月26日から始まる2回目のキャンプでは、より完成度の高いものにしていきたいと思う。

19:00を過ぎてに駅北広場に出かける。子供達の盆踊りがあるのだ。
息子は何人かの友達と一緒に楽しそうに踊っている
僕が息子の年だったときは、恥ずかしくて踊ったりはしなかったと思うが、
今の子供達は昔とは違うのだろう。何に対してもそうだが、良い意味で「その気」になっているようだ。

20:00に盆踊りが終了し、帰宅して夕食にする。
夕飯 は既に用意してくれてあるカレーライスとコンビニで調達した野菜サラダ。
今日はカミさんが夜勤で出かけているのだ。
明日祭りがあるというので、カミさんの夜勤予定は今日に変更されている。

食後に息子と一緒にシャワーを浴びてからデンタルケアを済ませる。
キャンプの3日間の日記を作成しようとするが、明日から始まる子供MGの支度をしなければならない。
カミさんがある程度をまとめてくれてあるが、 不備を補っていく。

子供MGのために明日の駅前まつりに参加出来ないのは残念だが、
前々からMG参加を楽しみにしていたので、息子にとってはMGの方が優先している。
今回で2度目10期を経験する訳だが、3日後の息子の様子を見るのが楽しみだ。

TVを眺めながら今日の日記を一部作成し、2:30を過ぎてからあちら側に連れて行かれた。
毎度感じるのだが、いつの間にか月が変わっている。
そして、いつの間にか2度目のキャンプが始まってしまうのだろう。
時は常に駆け足だ。

←BACK


Copyright©2008 株式会社たけしビル
takeshi-bld.co.,ltd

410-2407伊豆市修善寺駅前625-6
0558-72-0044