ウェルカム伊豆修善寺!バナーウェルカム伊豆修善寺!shuzenji.com 
7
ウェルカム伊豆修善寺 ホーム
ショッピングサイト
株式会社たけしビル 会社案内
修善寺の名物駅弁 舞寿し
サイト内掲載ショップリスト
PAOPAO通信+コラム

| ショップホームページ  |   商品一覧   ご注文     |  ご注文方法    送料  |  商取引に関する表示  |   問合せ   

 HOME > Diay&Column > Dialy  > PAOPAO通信/今日は一日 2003.01

日記インデックスはこちら   ご意見・感想などをお寄せ下さい mail

 2003.0131(金) しし鍋慰労会

朝堤防を歩くと花壇に霜が降りている。三寒四温の言葉を思い出す。
寒さの中で春が次を待っている。

堤防の花壇には霜が降りている
狩野川の中州では夏に河川整備をした、その続きを行っている
同じ金を使うなら、駅前の整備も行ってもらいたいと思う。

10:00過ぎに、不二家本社からホイップオフの担当が店にやって来る。
2月下旬に行われる講習の為の事前指導ということらしい。
午前中、課題のケーキ製作をする。2.26に資格取得講習が待っている。
お昼を「あまからや」で食べる。醤油ラーメン+チャーシュー飯のセット(750円)
やはり、旨い。近所に店があって本当にヨカッタと思う。

15:00過ぎに、三島社会保険事務所に出かける。
給与関係の変更の届け書を提出する。社保、年金にかかる金は膨大だが、
老年になってからそれをもらえる保証は何もない。と考えると非常に空しい。
書類提出後、三島田方宅建協会に立ち寄る。
宅建業の申請の為の書類をもらうが、有料だそうだ。1,900円。
ばかばかしい気もする。なんだかんだと金を取ろうとするのはおかしい。

帰社後、雑務を少し片づけ、19:30から串特急でナイトバザールの慰労会を行う。
だるま山高原自然塾で担当した「しし鍋」の慰労である。
7名にて、慰労会+新年会という名の飲み会が行われた。

昨年同様、今年も無事に自然塾の開催が決まった。
多少のマイナーチェンジが必要であるが、開催出来ることに感謝である。
スタッフを増やさなければならない。雨天時の対応を完璧にしなければならない。
2日目ハイクの企画を考えなければならない。
そして、何よりも、子供達に感動を与えなければならない。
夏のキャンプにむけて、今年も自然塾が始まる。

22:00を過ぎてから1名減り、2名減り、24:00頃終了となる。
帰宅し、そのまま就寝する。

今日で1月が終了する。
2003年の12分の1が消化された。
残り11ヶ月を有効に過ごしたいと思う。


 2003.0130(木) まちづくり委員会

今日は昨日より少し暖かい。
昨日が寒すぎた。この冬一番の冷え込みだったようだ。

1月もあと2日で終わってしまう。1年50週のうち、4週が終了だ。
MGの資金繰り50行のうち、4行の意思決定が記入された。
あとの45行で何をするのかを、はっきりと決めておかないといけない。

午後から銀行に出かける。そのまま商工会へ行き、資料づくりをする。
今日のまちづくり委員会で「TMO講座」を僕が担当するのだが、その為の資料を作る。
昨年のTMO担い手講座での資料をかいつまみ、10部程度をコピーする。

夜20:00からまちづくり委員会に出席
3年前に作られたまちづくり委員会も、次第に参加人数が減ってきた。
目に見えての成果がわからないからだと思う。
イベントだけではまちづくりにならない。
大目標に向けて目前の目標をクリアして行かねばならないが、
思うに進まないジレンマが委員のやる気を奪う。しかし、地道に継続していかなければ何も進まない。

2.20に行われる講演会の打合せをし、2月に発行するかわら版の原稿をチェックする。
委員会に参加する人数が5名の為、TMOの講習会は次繰りとなる。
せっかくの報告会、勉強会なので、もう少し人数を集めようという事にする。

まちづくり委員会は22:00に終了。
その後の委員会が、駅前串特急で行われる。
TMOのソフト事業をどうする、合併については、、などと色々と語り合う。
まちづくり委員会その後の委員会は、23:30頃終了する。
ゴトウ、ナガクラの2名を残し、帰途についた。
まちづくりについての熱意がもっと多くの人、もっといい方向に、、と心の中で願う。

帰宅後、デンタルケアなどをして即就寝する。

 2003.0129(水) 妙な天気

突風が昨晩から吹いている。今朝も時々吹いている。
日増しに暖かくなってきているが、ここ一週間は、少し寒くなるそうだ。

午前中、突然雪がちらついた。
時折突風が吹き荒れる。気温が下がる。真冬のような寒さを感じる。
季節の変わり目、冬の最後のあがきかもしれない。

ラジオでは、静岡各地の降雪を伝えている。
温暖な静岡での雪は、山間地を除いてとても珍しいことだ。
気温が上がらず、肌寒い。
天気は不安定で雪が舞ったり、晴れ間が覗いたり、突風が吹いたり、する。

夕方から、明日のまちづくり委員会で行うTMOの講義資料を整理する。
20:30を過ぎてから帰宅。
夕食は、モツ鍋、缶ビール350ml*2本。

「その時歴史が動いた」ー幕末の偉人、榎本武揚の模様を見ながら何故か涙する。
その後、突然の睡魔に襲われ寝入ってしまう。
3:00に目が覚め、起床。
デンタルケア、メールチェック、web巡回、日記の一部を書いてから5:00に再び寝てしまう。

 2003.0128(火) 新聞記事の連日掲載

朝、堤防で花壇整備を行っている
建設組合のボランティアによるものだという。周りがきれいになるのはいいことだ。
狩野川も昨日の雨で水量が増えている
風が強いが、だんだんと暖かくなってきた。立春がもうすぐである。

伊豆日日新聞に先日の「FROM伊豆」の記事がある。
記事の紹介は、3連荘となるが敢えて紹介させて頂く。

引用-----------------------------------------------------------

伊豆の再発見語り合う
「FROM伊豆 修善寺会議」 活性化へ各地から55人
国交省沼津工事事務所

 国土交通省沼津工事事務所は25日、修善寺町総合会館などで、「FROM伊豆 
修善寺会議ー自然・歴史etc 伊豆の再発見」を開いた。伊豆各地から55人が参
加。ゲストスピーチを開いた後、小グループで温泉場の散策と車座集会を行い、
伊豆の自然、歴史、文化と活性化について語り合った。

 将来に向け魅力ある伊豆地域を目指すため、ライフスタイルや職種の異なる住民
で交流や意見交換をしようと開催。講師にはノスタルジック修善寺推進委員会の野
田治久委員長を迎え、「合併におけるこれからの地域観光」と題したスピーチを開い
た。野田委員長は修善寺町のまちづくりを踏まえた伊豆新世紀創造祭への取り組み
について紹介。「どこの市町村と、どの規模で合併しようとも、地域でやらなければな
らないことを見つめ直す必要がある。地域の自立が大事」と話した。

 この参加者たちは7グループに分かれて温泉場を散策。修禅寺、修善寺回廊、修
善寺梅林、赤蛙公園などで車座集会を行った。自分の住む地域の実情や修善寺温
泉を散策しての感想を交え、伊豆の活性化について意見を交換した。

 「住んでる人が楽しむことが大事」「自然や個性を生かしてまちづくりをすればいい」
「夜にぎやかな町にしなくても日本の原風景を感じる部分があればいいのでは」とい
う意見や「それぞれの町の歴史の関連性が見えない。歴史を磨き上げる必要がある」
「伊豆は恵まれすぎてしまっている。素晴らしいものがあるにもかかわらず努力をして
いない」と指摘する声もあがった。

 締めくくりの全体会では修善寺温泉について「地元の人が良さを認識していない」
「道路・交通の問題を解決すればもっと発展すると思う」「伊豆の温泉場の象徴となる
ところ。景観の保護保全を」「住んでいる人の生活が見えるまちづくりを進めて欲しい」
などと意見や感想を語り合った。

(伊豆日日新聞 1月28日(火))

引用終り-------------------------------------------------------

友人に、日記ネタがないからだと言われかねないくらい連日の記事連載だ。

13:00からの小学校授業の参観のため、カミさんが現場を留守にする。
僕が現場の代打を務める。
仕事の合間に日記を書く。海外の知人にメールを書く。

宅地建物取引業についての方向性が決まる。
カミさんの実家の工務店にて、不動産部を立ち上げるという。
僕が専任の主任者ということになる。早速、準備をしなければならない。
是非とも成功させたいと思う。

雑務を諸々やっつけて20:00に帰宅する。
夕食は、ヒレカツ、海老フライ、野菜サラダ、豚汁、味付け海苔、ご飯、缶ビール350ml。

食後、入浴し、早めに就寝する。

 2003.0127(月) 雨の一日

朝から雨が降っている。
天気予報は今日一日の雨の確率100%を伝えている。

先日放映された「千と千尋の神隠し」の視聴率が発表された。
以下に記事を紹介する。

引用-----------------------------------------------------------

「千と千尋の神隠し」映画放送の視聴率で新記録

 日本テレビ系で24日夜に放送された宮崎駿監督のアニメ映画「千と千尋の
神隠し」の平均視聴率が、46・9%を記録したことが27日、ビデオリサーチの
調べ(関東地区)で分かった。同社によると、現行の調査方法となった1977
年9月以降、テレビで放送された映画の視聴率では、79年8月放送のフジテ
レビ系「キタキツネ物語」の44・7%を抜いて歴代1位となった。

 「千と千尋の神隠し」は一昨年夏に公開され、国内最高の300億円を上回る
興行収入を記録。ベルリン国際映画祭でも最高賞の金熊賞を受賞している。
(読売新聞)

引用終り-------------------------------------------------------

良い物には感心があるよというユーザー心理を物語っている、と思う。

海外の知人からメールが届く。
Happy lunar (Chinese) new year!ということのgreeting mail だった。
2003.0201が、Chinese New Year だそうで、これは毎年日にちが変わる。
今年は0201ということだ。

それにしても、この知人はマメにメールを送ってくれる。有難い限りだ。
僕は英語は読めるが、自分の思いを英語で伝えることが苦手である。
なので、RESをするのに一苦労をする。彼には一両日中に返信しようと思う。

18:00から不二家で仕事をこなす。
雨の為か、客足が相当に鈍い。PQは一月の昨年比90%にまで落ち込んでしまった。
こんな時は次繰をするに限る。研究開発、教育、広告戦略、、。
次に備えなければいけない。

20:00を過ぎて帰宅する。
雨足は依然衰えない。しかし、空気が変わった。春の雨のにおいがする。
時々突風を伴うが、心地よいとさえ思える天気だ。

夕食は、鮪のズケ、鶏肉とタマネギの煮込み、ウィンナー、魚の煮干し、豚汁、ご飯、味付け海苔
缶ビール500ml。

本を読むか、日記を書くか、等をしたいが、眠くて仕方ない。
風呂の準備が整っているにも拘わらず、風呂場までの根性が無い。
そのまま朝まで寝てしまう。

外の雨は、確実に春にむかっている。

 2003.0126(日) いつまでも青年部

冷え込んでいる。
空同様、街も冷えこんでいる。早く春になってほしいと思う。

昨日のタカラブネの記事を紹介する。

引用-----------------------------------------------------------

タカラブネが再生法申請 バブル期 経営の多角化に失敗

 大証1部上場で洋菓子メーカーのタカラブネ(京都府久御山町)は24日、自
力での再建を断念し、民事再生法の適用を京都地裁に申請した。菓子卸売り
の子会社永幸食品(京都府園部町)もあわせて適用を申請した。両社の負債
総額は275億3000万円。25日以降も平常通り営業を続ける。

 タカラブネは、ピーク時の95年3月期には連結売上高444億円4100万円
を計上したが、バブル期に外食産業や冷凍米飯事業などの経営の多角化に
失敗、主力の洋菓子事業でも消費低迷や競合店の増加で売り上げが減少し
ていた。

 94年からは子会社の営業譲渡や資産売却を実施、焼きたてシュークリーム
専門店に業態転換を図るなど経営改革に取り組んできたが、2002年9月中
間期に経常損失に9億8000万円を計上。仕入れ先に支払い期限延長を申し
込むなど、資金繰りが悪化していた。

 今後1年間で全国で約150店舗を閉鎖、久御山町の京都工場も閉鎖する方
針。大阪市内で会見した新開純也社長は「経営多角化による負債と売り上げ
減で、資金繰りが悪化した」と経営破たんの理由を説明した。

 ▽タカラブネ

 1948年創業。シュークリームなど和洋菓子製造販売の大手。業界に先駆け
て昭和40年代からフランチャイズ展開し、近畿や首都圏、中部などに約1100
店を持つ。従業員はパートを含め約770人。 

(京都新聞)

引用終り-------------------------------------------------------

金が廻らない=倒産 という図式の典型だろう。
不二家も気をつけなければいけない。

今日は一日、環境整備と書類整理をして過ごす。
良い仕事は良い環境から生まれる、と思う。
常に良い環境を保たなければいけないが、僕の場合、常に良い環境を保っていない。
良い仕事とはいつもほど遠いということである。反省しなければならない。

19:00から駅前商工会青年部の新年会に出かける。
青年部は40になると卒業を余儀なくされる。
現役の数は年々減少している状況にあり、OB数名が「青年部」新年会への参加要請を受けた。

JCも商工会青年部も40で卒業となるが、
他の組織では青年部が50までとか、60までとか、様々だ。
僕が小さい頃、30、40というと本当にオヤジに見えたが
今、自分がその年代のくくりに入っているということに、気持ちのうえでギャップを感じる。
年をとるという事実に反して、いつまでも自分は、「あのとき」のままなのだ。
当然「青年部」のままであり、いつまでも「現役」なのである。

現役5名、OB5名、計10名で駅北の、寿司家「ひとすじ」で宴会を行う。
19:00から21:00過ぎまで過ごし、カラオケBOX「ボイス」で2次会。
24:00を廻って解散となるが、その後4名にて狩野川公園横の「こまどり」にタクシーで向かう。
4人のうち、3名がOBというとんでもないオヤジ達だ。

寿司などをさんざん食べてきたのに、「こまどり」では更に焼肉とラーメンを平らげてしまう。
これでは体に良い筈がない。
なんだかんだと語りながら、深夜の交流会は2:00過ぎまで続いた。
タクシーで帰宅し、3:00頃就寝する。

 2003.0125(土) 青い空

今日も天気が良い。空には曇が見あたらない

今日のwebニュースでは、タカラブネが会社更生法の申請を伝えている。事実上倒産ということだ。
不二家に対してのミート戦略をとっていた、いわばライバル会社が倒産ということになると、
今後の世情次第では不二家もおちおちしていられない。

不二家本社の経営は危うい。というと語弊があるが、
戦略的、科学的、データ重視、ではないと僕は思う。

先日読んだ「経営の統計学」セブンイレブンの思想と比較すると、雲泥の差がある。
同じ土俵で勝負しようとしているとは思えないが、
考え方としては戦略的・科学的・データ重視の方がいいに決まっている。
未だに昔ながらの経営をしているとしか思えないことが多々ある。
もっともっと、データを活かして店舗ごとの諸々の切り口での単品管理をしてほしいと思う。
しかし、フランチャイズの1店舗だけがびーびー言ってもぱっと変われるものでもない。

午前中息子は近所のJA農場らしきところへ出かけた。
お楽しみ会と称する小学校1,2年生の体験学習会である。
数時間、牛の乳搾りやバターづくりをしてくる。

夕方から総合会館で行われる「FROM伊豆」の懇親会に出かける。
NPO伊豆のへそで段取りを請け負っている。
今日の昼からの事業については不参加なので言及は避けるが、
懇親会終了後の情報交換会では有益な意見が飛び交う。

17:00から18:00の懇親会のあと、18:30から21:00まで交流は続き、
片づけ終了後、散会する。
交流会その後はどこかで続くが、今日は遠慮する。
帰宅後、ビールも食事も控え、日記の一部を書く。

TVでは懐かしの云々を放映している。
「曇と波と少年と」というサブタイトルで、マイク真木が昔を語る。
画面はあの頃の青い空を映し出していた。

僕の青い空は、95年のtahitiでの目に痛いブルーである。

 2003.0124(金) 戦略的でない会議

昨日とうってかわって良い天気である。
堤防では舗装工事がすすんでいる。一両日にはアスファルトになるようだ。

日経静岡面に先日の旅行で訪れた、
ラグーナ蒲郡のテーマパーク「ラグナシア」のことが記事にある。
あのときは閑散としていた気もするが、割とはやっているらしい。

引用-----------------------------------------------------------

ラグーナ蒲郡「ラグナシア」入場者100万人突破 計画より3ヶ月早く

 愛知県蒲郡市の海洋リゾート「ラグーナ蒲郡」に昨年4月オープンしたテーマパーク
「ラグナシア」の累計入場者数が、25日に100万人を突破する見通しとなった。開業
当時は1年で100万人の入場を目標にしており、3ヶ月早い達成となる。

 イベントの積極展開で冬場の集客に力を入れたことが、予想以上の盛況ぶりにつな
がったという。当初は園内のプールが営業する夏に来客が集中するとみられていた。
運営する第3セクター、蒲郡海洋開発(蒲郡市、近藤昌嗣社長)は、「開業1年目は
目新しさでお客を集められた。これからが勝負」(人事・広報部)と気を引き締めている。
100万人の達成は25日午前中になる見込み。100万人目の入場者にはラグナシア
のパスポート引換券などをプレゼントする。

(1/24 日経静岡経済面から)

引用終り-------------------------------------------------------

第3セクターによるテーマパークが、継続的に成功しているという事例を
僕は知らない。今後の様子を見守りたい。

日経「私の履歴書」には、 ベータとVHSの話が掲載されている。
VHSに寄り切られたベータ、今となっては非常に惜しい商品であった。

午後から銀行に行き、その足で三島まで会議に出かける。
舞寿しの駅弁、あじ寿しの価格交渉のためである。
昨日作成した資料をもって電車にのる。

15:00から約1時間、先方と話をする。
が、こちらの意向なかなか理解してくれない。
少し時間が必要だという。別のオプションを画策しないといけない。
STRACの感度分析を当てはめるとこれは譲れない、という状況を分かってもらえないのが
なんとも歯がゆい。P(価格)を自分で自由にいじれないのもおかしな話と思う。
まぁ、仕方ない。

夕方何かと慌ただしい時間を過ごす。
20:00を過ぎて帰宅する。
TVでは「千と千尋の神隠し」が始まろうとしている。
缶ビール350cc*3本を飲みながら食事の支度をまつ。

夕食は、ビビンバ+焼肉とわかめスープ
23:00まで映画を鑑賞し、日記を少し書き上げる。
24:00をまわり、いつの間にか就寝する。

 2003.0123(水) 変数二つのオート

朝から雨模様だ。
だんだんと春に近づいているが、今日は一休みというところか。
雨の為か、今日も駅前は静かである。

MQを生み出さない仕事をこなすため、環境整備をする。

マイツールで変数の2つ出てくるちょっとしたオートを作る。
舞寿し弁当のSTRACをつくり、前年比較をする。
明日の会議で使う資料にするためである。

僕はオートを作るのが旨くない。
変数をよく理解していないため、サクサクと目的のものが作れない。
それでも何とか、人の作った短いコマンドをアレンジするとちゃんとオートがはしる。
マイツールはいい加減なソフトだから、いい加減でもなんとかなるのが凄い。

そのオートを走らせた後、
プライスをどのようにいじるとどうなるのか、をシミュレーションしてみる。
このままあじ寿しのQ(販売数)がのびていった場合、
V(仕入単価)がどの程度高くてもOKなのか、P(プライス)を何パーセント上げてもいいのか 、
などを数字を入れて試してみる。暫くすると、それなりのデータができあがる。

その後、2月3日/節分の日に提供する、太巻き寿司のチラシをつくる。
旨い具合いに予約が入ると有難い。

昨日の日記を書き上げ、FTPする。
そのうちにナガクラが、昨年のナイトバザールの写真を持ってくる。
12/7の報告をwebでしなければならない。
MQにつながらない仕事だけが増えていく。

雨は雨量を減らすことなく降り続いている。
久しぶりに書類整理などをして、デスク周りの環境を整える。
本来なら毎日整然としていなければいけない。

20:00を過ぎて帰宅する。ちょうど雨脚が弱まっている。
天気予報は午後から晴れると伝えていたが、少しばかりはずれた。
夕食は鮪のズケ丼、八宝菜のあんかけ炒め、野菜スープ、缶ビール350cc。

スポーツニュースなどを見ながら今日の日記を少し書き
明日の天気はどんなだろう、、などど思いながら就寝する。

 2003.0122(火) 「私の履歴書」

朝、歯痛と胃痛で目が覚める。
暫くじっとして、痛みが去るのを待つ。胃腸薬を飲み、再び横になる。
何とか治まった頃起床する。

出勤前に、もしかしたら最後かもしれない堤防の未舗装写真を撮る。

気温が上がらない。
PQも冷え込んでしまっている。
何とかしたいと思うが、何とも出来ないでいる。
MQを生み出さない仕事は山積みになっているが、一向にやっつけられない。
仕事を片づけるには、まず環境整備から始めなければならない。

最近、日経の「私の履歴書」に、ソニー取締役会議長、
大賀典雄氏の掲載があるのをご存じだろうか。
今日22日で21回を数えるが、なかなか興味深い。

ソニーというと、(株)西研究所の西順一郎先生が若い頃
井深、盛田両氏の秘書をしていた、というので何度か先生から話を聞いている。
研究開発型、戦略的、独立・開拓精神、、、
いろいろな表現でソニーが言い表されているが、そのソニーに憧れ西先生はソニーマンになる。
そして、西先生のMGはソニー勤務時代に開発された。

午後から銀行に向かう。
途中、昨日の会議の事を思い出す。
ノスタルジックロマン修善寺の委員長会議の予定があったのを、
すっかりと忘れてしまっていた。かなり反省。

夕方雑務を少しこなし、その後帰宅する。
夕食は、鮭、焼き海苔、ほうれん草炒め、いかの刺身、ご飯、コンソメスープ+缶ビール350cc。
息子と風呂にはいり、今日の日記を少し書く。
TVを見ながらの就寝となる。

明日、「私の履歴書」過去記事をチェックしようと思う。

 2003.0121(火) 晴れた日の富士山

はしゃぎすぎた。
午前中一杯ダウンする。
友人は昼過ぎに帰る。暖かくなったらまた会う約束をする。

昨日に引き続き、今日も春のような気候である。
天気が良い時、空を眺め、そして富士を望む。
晴れた空に富士を見ると、何故か安心する。
静岡県人、伊豆人、富士の見える環境にあることに感謝する。

どこかの土地にいるとき、晴れ間に富士を探すことはしないが
抜けるような空に富士がないのは、何とはなしに妙な違和感を覚える。
ゴミだらけの山とはいえ、こうした意味で富士はやはり日本一の山なのかもしれない。

カミさんが今日から仕事に復帰する。
まだ体調は万全ではないが、とりあえずは復帰である。
15:00をまわり、僕が現場を担当する。
少し疲れたようだ。

仕事をしながら昨日の日記を仕上げる。
FTPをし、メールチェック、web巡回などをする。
このサイトも、リニューアルが必要かな、と思いながら、ササッと出来ないままでいる。
少ししたら、全面的に作り替えてしまおうと思う。

胃が疲れているのか、時々切なくなる。
早めに仕事を終えて、帰宅することにする。

食事は、鶏の水炊き、缶ビール350cc、+雑炊。
カミさんの復帰で、久しぶりの家族での食事をする。

入浴後、TVを見ながら就寝。
時々、胃の調子が悪くなるが、何とか寝付く。

 2003.0120(月) 初春かな

朝の肌寒い天気が、昼からは晴れ間を覗かせる。

カミさんは熱は下がったが体調不良で未だ起きあがれない。
不二家へいき、今日は一日一人で仕事をこなさねばならない。
久しぶりに一人で店頭にたつ。

出がけのTVニュースで、貴乃花の引退を伝えている。
「体力の限界」といって引退したのは千代の富士。
その千代の富士の引退を決意させたのが貴乃花。
偶然か必然か、貴乃花の引退の原因が、「体力の限界」という。

彼を引退の追いやったのは、相撲協会だ。
怪我をおして出場させ、無理を押しつける。
怪我をしたまま格闘技が出来るはずがない。
彼もまた体制につぶされた。

気温があがる。
春が近いのだ。
2月になると花粉が飛び始める。
春が近いのは嬉しいが、花粉が飛ぶのは有難くない。
これから5月上旬まで耐え難いストレスと共に生活することになる。
花粉症というアレルギー体質になってしまうのも、それこそ、体力の限界からきている。

夜、久しぶりに会う友人と飲みに出かける。
中学の後輩にあたるが、後輩というより、親友といったほうがいい。
妙に気が合うのだ。

19:15に三島広小路で待ち合わせ、3人で街を徘徊する。
山法師(ヤマホウシ)で軽く食事をするが、軽く、どころではない。
2〜3千円とで、と思っていたが、一人5千円。ちと割高である。

その後、2軒をはしごする。
男3人で久しぶりの大酒をくらう。唄う。騒ぐ。で夜を過ごす。
おそらく1:00を過ぎた頃、代行タクシー2台を呼んで解散。
一人の友人は自宅まで一緒に帰り、
途中コンビニで缶ビール、おにぎりその他を買い込み、居間にて宴会が始まる。
飲んで食べて話をするが、途中から何をしゃべっているのか分からなくなる。

炬燵にはいったまま、いつの間にか朝まで寝てしまう。

 2003.0119(日) 情報交換会という名の新年会

朝から肌寒い。
カミさんと息子は、実家へ行ったまま戻ってこない。

午前中仕事をし、昼に堤防へ駆けつける。
駅前まちづくり委員会と横瀬まちづくり委員会それぞれの委員長が
何やら整備をする。そのお手伝いをする。
堤防が舗装される前に少しやらなければならないことがあるらしい。

カミさんがダウンしているので、僕が洗濯を済ませておかなければならない。
洗濯をすると大げさなことをいっても、ただ、
洗い物を洗濯機にいれ、洗剤を加え、スイッチを入れるだけである。
何回かの洗濯をすませ、干そうとするが、天気が良くない。
バーミヤン横のコインランドリーに出向き、乾燥機にかけることにする。
大型乾燥機は100円で6分。小型は100円で8分。
大型でびゃーっとやってしまうに限る。ところが、100円で済む筈がない。
結局乾燥機に、600円也を支払う。

雨が降り出した。
霙か雪になりそうな雰囲気である。寒さに身が凍える。
インフルエンザにならないように気を付けなければならない。

乾燥機が仕事を終了する間、バーミヤンで遅い昼食をとる。
そうこうしているうちに、17:00になり、日建同窓生の新年会に出かける。
今日が月に一度の情報交換会である。それぞれが近況を語る。
月に一度の情報交換会は、18:30から21:30まで続く。

終電まで少し時間があるので、クモ膜下で入院していたカツマっちゃんと2人で
駅の近く一杯飲み屋で時間をつぶす。
酒を飲めない朋友を誘い、自分だけがビールを注文する。
優しさや思いやりなどあったもんじゃない。少しだけ反省するが、仕方ない。

23:03沼津を出て修善寺行き最終に乗り、帰途につく。
夕方降り出した雨は、幸いにも霙や雪に変わることなく水量を完了させた。
24:00を過ぎて、いつの間にか就寝してしまう。

 2003.0118(土) 図らずともの休日

午前中、息子と近くの公園でサッカーをする。
半年ぶりほど、一緒にボールを蹴っていなかった。
彼は、クリスマスの時にサンタからボールをもらったので俄然やる気をみせる。

昼頃3人で「あまからや」へ食事に行く。
醤油ラーメンとチャーシュウ飯のセット(850円)
スパイス醤油ラーメンとミニカリーのセット(1100円)
醤油つけ麺(650円) 計2,600円。

カミさんの具合がよろしくない。
昨晩から喉の調子が良くないという。どうやら熱もある。
風邪の時は寝ているに限る。カミさんが寝ているうちに、
息子用にビデオを数本借りてきて、一緒にみることにする。

少林サッカーを鑑賞する。
ばかばかしいくらいに楽しい映画だ。
図らずとも休日みたいな半日を過ごしてしまう。

いつの間にか夕暮れて、満月が上っている
どこかで誰かが言っていたが、
何かを始めるのに、満月の日が良いのだそうだ。
記憶にとどめておこう。

カミさんの具合がだんだん悪くなる。
夜、天城湯ヶ島の中島病院に診察に連れて行く。
遅くまでの診察をしているのがありがたい。

一度診察券を出し、20:00に再び出向く。
インフルエンザが猛威をするっているようで、
病院はまるで野戦病院みたいにごった返している。
20:00に病院にはいるが、出てきたのは21:00を過ぎていた。
それから薬をまつのに、30分。
結局、家を出てから帰ってくるまで2時間を費やしてしまう。

帰りにカミさんの実家でご飯を頂く。
息子とカミさんは、22:00を廻るとダウンしてしまった。
帰宅し、ビデオ「タイムマシン」を鑑賞する。
今日2本目のビデオである。
ビデオを見終える前に、いつの間にか就寝してしまう。

今日は一日、結果的に休日みたいな一日を過ごしてしまう。

 2003.0117(金) 震災から8年

朝方、夢かウツツかで寝ぼける。
そのうち、TVで阪神大震災の報道を耳にする。
5:45なのだろう。8年前の悪夢を再び起こしてはいけないと誰もが語っている。
寝ながら、当然の事ながら黙祷をする。

当時、所用で僕はシンガポールにいた。
現地のTV報道をみて、どこかの国で何かが起きたのだろう、位にしか認識できなかった。
ところが、悠長なことをいってられる状況では無かった。

天災も大きな不幸だが、いくら気を付けていても避けられない。
事故や怪我、病気は、なんとか回避したいと思う。
一番やっかいなのは、人災かもしれない。
横にいる誰かが、襲ってくるとうことがあるかもしれない。

誰をも信頼し、安心しながら生活をしたいと願うが、
世間がそれを許さない。
となると、自分の見は自分で守るしかない、ということになる。
何となく寂しい悟りだが、仕方ない。
なるべくなら、不幸はない方がいい。
それが自分のものであっても、人のものであってもない方がいい。
戦争や天災、人災、事故、怪我、病気、等がなるべくなら無くなって欲しいと思う。
8年前の不遇で亡くなった6千数百人のご冥福をお祈りする。

朝、全国駅弁ベストテンみたいな番組を見て今後の参考にする。
堤防を歩き、先日と何か変わっていないかをチェックする
出勤後、銀行にいったり、雑務をやっつける。

20:00からまちづくり委員会に出かける
まちづくり広報誌の発刊、堤防の花壇、まちづくり講演会、などについてを話し合う。
広報誌では、昨年のナイトバザールの反省などを織り込む予定。

22:00をまわり、まちづくり委員会のメンバー数名にて
也万波(やまんば)でミーティング。
酒を用意しない委員会もいいが、
酒の入るミーティングでより良い意見がでてくるのが、いつも不思議に思う。

23:00を少し廻り、解散する。
帰宅してデンタルケアの後、就寝する。

 2003.0116(木) 冷え込み

空が冷え込んでいる。
昨夜からかなり気温が低くなった。

商工会で便利帳を作るという。
昨年末の期限であったが、今日の昼にとりに来るというので
昨日のうちに作っていたのだが、午前中に少し修正を加える

便利帳も出来てみないとわからないが、
印刷にするのは後回しにして、webでの反応を見た方がいい。
なぜなら、印刷に比べコストがべらぼうに安いからだ。
印刷物で配布した後、webでの掲載をどうするのか、、。
どうも、smartではない。

昼になっても気温が上がらない。
僕は寒いのが苦手である。
街も冷え込み、おまけにPQも冷え込んでしまう。
昨日までのPQは昨年を下回ってしまった。何とかしたいところだ。
懐も冷え込んでしまえば、身も凍えてしまう。MQ確保をしないとイケナイ。

提出期限の過ぎてしまった原稿を2つを書き終えると、
息子がやって来る。
先日の旅行の写真をみせろという

小学校入学までは、暇をみてはPCの画像を見せていたが
ここのところ見せる時間が無かった。
久しぶりに写真を見せると、以前のヤツも見せろという。
去年の8月21日の多々戸浜の写真に反応する。
一部記憶もなくなっていた場面もあるが、画像にて記憶を取り戻したようだ。
デジカメによる画像のストックは、こうしたときに有効だ。
何でもメモ代わりにシャッターを押しておけば何とかなる。

そのうちに夜になり、帰宅する。20:00ちょい前にバスケの練習に出かける。
若手とゲーム形式をこなすが、満足のいくプレーが出来ない。
スッキリしないまま、帰宅し、食事にする。

缶ビール350cc*2本、おでんの卵、肉野菜炒め、ポテトサラダ、粗挽きウィンナー、
ご飯
とみそ汁。

食後、入浴し、「その時、時代が動いた」を見ながら就寝する。

 2003.0115(水) 再び静かな一日

1/15付けの伊豆日日新聞に、先日の花壇製作の記事が掲載されている。

引用-----------------------------------------------------------

50人出て花壇づくり  狩野川右岸堤防に駅前区

 修善寺町の駅前区(上野誠一区長)と駅前まちづくり委員会(谷口哲雄委員長)は
13日、修善寺橋下流の狩野川右岸堤防への花壇づくりを行った。小学生からお年寄り
まで約50人が参加して地域の景観整備に汗を流した。

 狩野川右岸では昨年から国土交通省による堤帯整備が進められている。同区では
住民が整備事業に参加することで狩野川をより身近なものにし、区民の憩いの場に
しようと計画。町との協働事業として花壇整備を行うことになった。

 花壇は修善寺橋のたもと付近から下流の約130メートルに渡り設置。参加した住民
は間伐材の丸太を堤防上の遊歩道に沿って並べ、花壇のしきりにする作業に協力して
取り組んだ。

 今後、花木を植栽していく計画。

引用終り-------------------------------------------------------

同じく、JCの賀詞交換会の記事もある。
こちらは割愛。

午前中、諸々を行う。
銀行に行ったり、発注作業をしたり、その他を処理する。

昼は、「あまからや」 http://www.amakaraya.com/
で、醤油ラーメン+チャーシュウ飯のセット(850円)を食べる。

旅行からの4日間の日記を何とか仕上げる。
色々とありすぎて画面に文字を並べるのに頭を悩ませる。
画像を眺め、旅を振り返り、記憶にしまい込む。

商工会の便利帳原稿や写真の加工などを行ううちに
22:00をまわってしまう。

帰宅し、夕飯を頂く。
缶ビール350cc、鍋焼きうどん、ご飯。
入浴後、24:00に就寝する。

 2003.0114(火) 静かな一日

8:00過ぎに起床する。
旅行を2日、花壇整備などで1日を費やしてしまったので
今日からまた、頑張らないとイケナイ。

年末年始が過ぎ、PQが低いところで落ち着いてしまった。
昨年対比が落ち込む。

昼過ぎまでやらなければならないことをこなす。
3日間の日記を一部書く。
写真の整理をしたり、旅行のパンフレットを読み直したりする。

駅はとても静かだ。このまま静かだと、少し困る。
しかし、これからは観光客に依存していてはいけない。
自社商品を「わざわざ」買ってもらわなければ今後生きていけなくなる。

静かすぎる一日を過ごし、夕方帰宅する。
夕食は、
缶ビール350cc、鮭の塩焼き、ほうれん草のおひたし、野菜炒め、豆腐のみそ汁、ご飯

食後、猛烈な睡魔に襲われる。
はうようにしてデンタルケアをし、炬燵で寝てしまう。

 2003.0113(成) 堤防の花壇

7:00起床。
8:45堤防に集合する。
今日は駅前区とまちづくり委員会よる堤防の花壇整備が行われる。
既に多くが集合している。およそ50名の人数だ。
区長挨拶、現場監督の話があり、早速作業にとりかかる。

今日の作業内容が告知されていなかったため、
当日まで、何をしていいのかが、解らない。
とりあえず軍手とカマを持参するが、カマなどは使わないですむ。
スコップとカケヤ、ゲンノウにて、土方作業を行う。

業者が堤防の道路整備をある程度済ませているので、
その縁に幅約2メートルの花壇を作るのに、丸太で花壇と道路の境をつくるのである。
シャベルで掘る、カケヤで丸太の横にクイを打つ
作業が進み、途中休憩を挟んで11:30過ぎに解散する。
修善寺橋の袂から、桜並木の処までの約60mが整備された
あとは、3月の植栽を待つばかりである。

12:00近いので、昼飯を食べようと「大信」に行く。
僕を含めて4名でビール、野菜炒め、レバニラ炒め、餃子をつまむ。
それぞれが一品を注文する
それにしても、昼間のビールが効いてしまうのは何故だろう。
昼食終了後も、暫く自宅で休むことにする。

17:00になり、中伊豆JCの賀詞交換会に出かける。
中伊豆JCは昨年20周年を迎えた。
数年前は会員数も90名を数えたが、今は40数名の会員数となってしまった。
時代がJCについて行かないのか、JCが時代に取り残されたのか。
まぁ、現役諸兄には是非とも頑張って頂きたいと思う。

18:00から始まった賀詞交換会は21:00頃お開きとなり、
2次会を経て解散する。
その後、仲間内数名にて3次会に出向く。

1:00になり、ようやく終了となる。
久しぶりにスーツを着て出かけたので、少しばかり疲れてしまった。
いつもと様子が違う。

1:30頃帰宅する。そして、すぐに就寝する。

 2003.0112(日) 初詣

6:00に起床。
寝汗を大量にかいていた。体調が悪いのか、単なる飲みすぎなのか。
朝風呂に入る。女湯では日の出を見ることが出来たという。
残念ながら男湯からは、壁が死角となりみる事が出来ない。

朝飯は、バイキングの和食
朝食はいつ以来のことだろう、などと思いながら食べる。
身支度を済ませ、8:30に宿を出発する。

師崎まで5分で着く。ビールを呑むことが出来ないほど近い。
師崎で鳥羽行きのフェリーを待つ
フェリーの待合い場はとても混んでいる
修善寺駅も毎日こんなだといいね、などとたわいもない会話をする。

鳥羽まで約70分の航海は、とても爽やかだ。
適度な船の揺れも気にならず、写真を撮ったり、景色を眺めたり、10分ほど居眠りをしたり。
そのうちに鳥羽に到着する
鳥羽からすぐのところに「鳥羽水族館」がある。
「バスでビールも呑めない。」などと再びバカをいう。

鳥羽水族館 http://www.aquarium.co.jp/
〒517-8517 三重県鳥羽市鳥羽3-3-6 
0599-25-2555

鳥羽水族館には、ジュゴン、マナティ、猫の鳴き声をするカエルなどがいる。
三津シーパラダイスでは見られないこれらを見学する。
ジュゴンマナティを見ても、僕にはその違いが分からない。
ここで、1時間を過ごすが、水族館で1時間というのは、かなり慌ただしい。

伊勢志摩真珠館に立ち寄る。
女子チームは目を真珠のようにして館内を歩く。
男子チームは豚のようなだらしなさで一息を入れる。
特に買い物なども出来ずに真珠館をあとにする。
二見のドライブインで少しも旨くはない昼食を済ませ、伊勢神宮に向かう。

連休のナカビということで、渋滞にはまってしまう。
どうにか伊勢神宮に到着するが、もの凄い人の数だ。
正月、何処にも出かけなかったので、これが僕たち家族の初詣となる。
余り時間がないので、急ぎ足で内宮まで進む。
他の人達は何度目かのお参りだが、僕は初めての伊勢神宮となる。
あちこちを物珍しく見回し、写真を撮ったりする。

ゆっくりすることもなく、お参りが済んでしまう。
伊勢の万の神々に、多くの願いを聞かねばならぬことに「ご苦労様」といい、
多くの願いが叶うことを願い、皆の幸せを祈る。

お参りが済み、神宮横のお祓い横町を散策する
伊勢に来て松阪牛を食べなきゃね、と牛串を食べたり、
バスの中で飲まなければならないビールを買ったり、
店舗の写真を撮ったり、色々と慌ただしい。

15:30にバスに乗り込み、帰途につく。
車中、ビールを飲み、つまみをほおばり、「千と千尋の神隠し」を鑑賞する。
2度目の「千と〜」だが、初めの時は解らなかったことが理解できたりする。
もう一度や二度は、みてもいいかとも思う。
そのうちに日が暮れる

18:00をまわり、浜松サービスエリアで軽い食事をとる。
沼津や修善寺に着いてから食事となると何時になるかわからない。
息子はビデオ終了後、やはり寝てしまう。

21:00になり、修善寺に到着する。
楽しかった2日間も、気づくとあっという間に終わってしまう。
この日を楽しみに頑張ってきたということもあり、いざ終わってしまうのは
またまた寂しいものだ。
次の楽しみを作らなければならない。

帰宅後、缶ビール350ccを2本頂き、旅の〆とする。
23:00過ぎに就寝する。
次の楽しみを作るという楽しみが増えた。

 2003.0111(土) 久方ぶりの休日

5:30に起床する。

今日はカミさんの実家の主催する旅行である。
6:30に修善寺を発つ。外はまだ日の出前で、薄暗い。
工務店の下職さん達を拾い、沼津インターへ向かう。
車中、8:00からビールを飲み始める。何といっても、旅行だ。
こんな時くらいしか、朝から酒など飲めない。

東名インターに入り、途中トイレ休憩を挟む。
途中、朝日を眺めたり、ワインを飲んだりと何かと騒がしい。
10:05ラグーナ蒲郡に到着する。
入り口で何かの撮影があるようだが、何を撮っているのか解らない。

ラグーナ蒲郡で14:00までを過ごす。

ラグーナ蒲郡 http://www.laguna-gamagori.co.jp/
〒443−0014
愛知県蒲郡市海陽町2−1 
0533−58−2700

アウトレット、シーサイドレストラン、おさかな市場、テーマパーク等があり、
大して期待していなかった割りに満足度の高い施設だ。
テーマパーク以外は、エスパルスプラザに感じが似ている。

ちょっとしたジェットコースターと、シューティングゲーム、さもないミュージカルのあと、
昼飯をバイキング(1,500円)で済ませる。
こちらも期待していなかったが、なかなかのものだ。

カミさん達はアウトレットで時間をつぶし、
僕と息子はシューティングゲームを何度かやり、
テーマパークでストリートパーフォーマンスをみて時間をつぶす。
14:00にラグーナ蒲郡をあとにする。
宿泊先の知多半島南端、豊丘に向かい、途中えびせんべいの里に立ち寄る。

えびせんべいの里 http://www.ebisato.co.jp/
〒470−2403
愛知県知多郡美浜町北方字吉田流52−1
0569−83−0120

試食のえびせんをたらふく食べた後、16:30宿泊先に到着。
バスの中でビール、ワインを飲み、えびせんべいをつまみ、
只の飲んべえとなってしまっても、夕方になるとまだまだ飲み足りない。

花の丸 http://www.hananomaru.jp/
〒470−3412
愛知県知多郡南知多町大字
0569−64−3555

この地は、唐人の吉の出生地らしく、下田との関わりが深い。
お吉は大工の親と下田に流れ、ハリスと繋がる。

部屋につき、入浴をすませた後、18:30から食事となる。
ビール、酒、ワインなどを飲み、を楽しむ。
宴会は21:00に終了する。

部屋で少し酒を飲み、後、23:00ころ就寝する。

 2003.0110(金) Strategic & Initiative

夜更かしのためか、朝早くに起きられない。
活動サイクルが少しずれてしまった。

午前中、店の商品陳列を少しいじる。昨日読み終えた「統計心理学」の一文を思いだす。
一番売れる商品を一番目立つところに、だそうだ。もっともである。
お昼過ぎに銀行に行く。その後、昨年のクリスマスの支払いをPCバンキングにて済ませる。
毎度の事ながら、支払い免除なら本当に気楽なのだが、そうもいかない。

銀行のついでに、堤防に立ち寄る
丸太を横たえ、花壇を作成しようとしている
どんなに立派なものになるのか、かなり興味深い。
1/13(祝)の朝、まちづくり委員会と駅前区主催で、ここに花壇の準備をするという。
当然お手伝いをさせて頂くが、どんな段取りになるのかは、よく分からないでいる。

みんなの散歩コースがきれいになるのは嬉しいことだ。
しかし、メンテナンスをどうしていこうか、と委員会では思い悩んでいる。
川の中州では1/13に行われるどんど焼きの準備が完了している。
河原で行うのは対岸、横瀬のどんど焼きで、駅北広場では駅前で行う。

駅のそばを食べ、ついでに、駅弁あじ寿しの値上げ交渉をする。
いろいろと検討した結果、少しばかりの値上げをしたい旨を伝えるが、
担当はなかなか納得しない。後日の相談、ということになる。

年があけ、ようやく一息、と言いたいところだが、
あまりこの「一息」が長くなるのも芳しくない。
時期的に来客数(Q)が減るが、Qダウンが続くとかなり痛い。
今の時期、次繰をしなければならないと割り切るしかない。

2003年も10日を過ぎた。
今年もあと、355日しか残っていない。
1/50以上が終わってしまっている。
MGでいうところの、1行の意志決定が終わったのだ。
あとの45〜50行で、何をしたいのか、何をしなければならないのか、を
戦略的に経営計画を立てなければならない。
今年の年賀状に「Strategic & Initiative」を掲げた以上、
それなりに計画決定していないと、みんなに顔向けできなくなる。

夕方、マイツールのスケジュールを整理する。
曜日、六輝、などのコマンドを少し手を加え、2003年に対応させる。
マイツールによる日程管理をし始めて、6年になるが、
マイツールで日程管理をしないと、既に予定が立たなくなってしまった。
今日、2003年用のバージョンにしたことで、新たに予定を入れる。

それはそうと、この1ヶ月で、4つの新年会が待ち受けている。
ダブルブッキングしないよう、気を付けなければならない。
また、散財と健康にも気を付けなければならない。・・当然。

20:00に帰宅。
入浴し、21:00から夕食を頂く。
トマトソースのパスタ、豆腐のコロッケ、シュウマイ、刺身、ご飯+缶ビール350cc*2本。

メールチェック、web巡回、等をすませ、TVを見ながら今日の日記を書く。
TVでは、ジョンコルトレーンの姿を写している
残念ながら演奏をちゃんと聴くことが出来なかった。
24:00頃、就寝する。
明日、明後日と、鳥羽方面への旅行にでかける。

 2003.0109(木) いろいろ

十分すぎる程の睡眠をとった。
年と共に起床時間が早くなるというのが通常だが、
気力、体力の衰えほど、起床時間についてはそれが当てはまらない。

店のスタンバイを終え、10:30 日赤口腔外科へ赴く。
鈴木敏文の「統計心理学」 を読んで待ち時間をつぶす。
昨日の ふかわ矯正歯科 の話をドクターに伝える。
抜かずになんとかしようと決意する。

暫く髪を切っていないので、shapeにてカットしてもらう。
それにしてもずいぶんと白髪が増えている。
少しばかりを染めているのだが、切った根元の方は真っ白だ。
髪の全部が白ければ白いままにしておくが、
なんだかへたに中途半端なのだ。
髪は短くなってスッキリしたが、そこの処はどうにもスッキリしない。

まちは昨日と同じく、静かである。
今まで慌ただしかったので、ホッと一息、という感じだが、
いつまでもホッとしてなどいられない。
商売が暇なのは、良くない。

20:00過ぎに帰宅する。
缶ビールとおでん(卵、大根)を買って帰る。
おでんをつまみに缶ビール350ccを頂く。500からのバージョンダウンである。
夕食は
豚のヒレ肉味噌ソース、ご飯、みそ汁。

白髪を染め、風呂にはいり、一息入れる。
今日の日記の一部を書いて、メールチェック、web巡回などをする。
寝てしまおうと思いつつ、マイツールのスケジュールデータをいじり始める。
なんやかやで3:00を廻ってしまう。
その後、夢うつつを経て、就寝。

 2003.0108(水) 今年最初の歯科矯正

8:20の電車に乗って大船へ向かう。
今年最初の歯科矯正である。
昨年末から何度か奥歯が痛み、どうしていいものやらを思い悩んでいたので
その、どうしていいものやらを伺うとする。

車中、昨日購入した、
鈴木敏文の「統計心理学」 プレジデント社
を読み始める。

これがすこぶる面白い。
面白い、というより、興味深い。
文体も読みやすいし、内容に引き込まれる。
内容についてのコメントをしたいところだが、割愛する。

奥歯を抜いてもかまわない、ということだが、
痛みさえ無ければこのまま抜かずにおこうと思う。
どうしても、、の場合に思い切れば良い。

13:00ちょい前に、イタリアンレストランAki'sにつく。
既にササガセさんが来ていた。
ランチバイキング+フリードリンク=1,167円(税込み)を注文する。

Niftyの湘南MGルームが機能していないというので、
7人いるメンバーでメーリングリストを設定しよう、と決める。
2/7人がパティオに繋いでいない。
早速帰ってからMLの設定をする、とササガセさんと約束する。

夕方帰途につくが、車中、読書したり、居眠りしたり、で
本の活字が映像となって巡ったり、ホームの音声が映像となって通り過ぎたりする。
夢か現(ウツツ)か、微妙な不安定が心地よい。

PQをチェックするが、今年最悪の数字を示していた。
落胆しながら、早めに仕事を切り上げて自宅へ向かう。
息子と風呂に入った後に、食事を頂く。
夕食は野菜炒め、鰯煮、鯖のみりん焼き、イタリアン冷やしプチトマト、ご飯+缶ビール500cc
昨年350ccだった缶ビールが、いつの間にか500ccにバージョンアップしている。
何故か。。

メールチェックなどをするつもりで、
PCを起動する準備をしながら寝てしまう。
気力も体力も、年をとるに伴い落ちていくのは、やはりなんとなく寂しい。

 2003.0107(火) 軒並み休業

寒い日がつづく。
駅前は静寂を取り戻してしまった。
年末年始の喧噪が嘘のようである。

商店は軒並み遅い正月休みを取っている。
数えると、6軒が一斉に休んでいる。
まるで、申し合わせて旅行にでも出かけているような雰囲気だ。

午前中、銀行に行ったりする。
弊社では、毎月7日が給料日のため、振込やらなにやらで
今日は何かと慌ただしい一日となっている。

午後、マイツールで入力したPQのデータチェックを行ったりをする。
給与明細をPF(プリントbyフォーマット)する。
請求書を印刷する。

クリスマスから続いた一連は、ほっと一息をつくに至るが、
一息入れたら入れたで、また新たなハードルが出てくる。
やらねばならぬ事は、どんどんと湧いてくる。
気を抜いてはいけない、ということだ。

諸々をしていると20:00を廻った。
明日、歯科矯正に出かけるので、車中で読む本を仕入れなければならない。
大仁文教堂まで出向き、本を探す。

鈴木敏文の「統計心理学」 プレジデント社
「花神」  上・中・下 司馬遼太郎 

どうも、坂の上の曇 から司馬遼太郎を抜けきれない。

帰宅後、夕食を頂く。
ロール白菜(ロールキャベツの白菜バージョン)、マイタケの炊き込みご飯、
卵と白菜の汁、缶ビール500cc


入浴後、4日分の日記を書き、FTPする。
どうも、毎日を書ききれない。
目標:毎日ちゃんと日記を書けますよう
と小さな決意をする。

更に今日の日記を書いてアップする。
2:00に就寝。

 2003.0106(月) 公共性の高い仕事は、

長かった年末年始もようやく終わり、日常が戻ってきた。
日常、といっても「世間的な」日常、という意味で
僕にとっての日常ということではない。

子供達は学校に行き、
大人達は会社に行き始める。
すべてのサイクルが普通に周り始める。

午前中、銀行へ行く。
それで時間が過ぎる。
銀行は12/31から1/05までの6日間を休業した。
僕は、銀行の31日の休業を知らなかったため、
支払い、両替、その他で、大いに難儀をすることとなった。
あげなければイケナイお年玉の準備をし損ない、
何となくのわだかまりをひきずってしまう。

公共性の高いものは、週休2日とか、定時終了などはイケナイと思う。
夜しか時間のとれない人もいれば、日曜しか休めない人もいる。
銀行や役場、郵便局、病院などは、絶対的なサービス業だと思うので
コンビニ的な営業をお願いしたいところだ。

午後から昨日の続きをマイツールで行う。
多少のオートらしきが形になってくる。
本来なら、日次でマトリックス会計を実現させたいところだが、
まだまだ、実力不足である。

雑務をこなして、時間が過ぎる。

「何食べたい?」と聞かれ、思わず「カキフライ」
20:00に帰宅すると、僕以外の食事は完了している。
カキフライとあじフライが食卓に並び
缶ビール500ccを飲みつつ、食事が進む。
2人には申し訳ないほど思い切りの食事をさせて頂く。
旨い物を食べているときが一番幸せだ。

500cc1時間後の魔術が僕を襲う。
そして、日記を書こうと思う気持ちも、同時に消え去った。
いつの間にかの就寝である。

 2003.0105(日) 冬休み最後の日

さすがに二日酔いと寝不足である。
2003年最初の・・といえば聞こえはいいが、年が明けたからといって
今でのことが、ニュウドン(御破算)とはならない。
2003年最初の後悔をする。

カミさんは、昔の友人と午後に出かけるというので、
午前中配達を済ませ、仕事の段取りを終え、出かけていった。
僕は飲みすぎを後悔しつつ、マイツールにてPQ管理のデータを入力する。
PQの一元管理をするために、ちょっとしたオートを試行錯誤する。
なかなかサクサクとオートをつくれない。
頭痛とともに、ジレンマが残る。

昼に、大滝ラーメンで半チャンのセットを食べる。
二日酔いの時には何故かラーメンだ。

午後もマイツールと格闘を続ける。
体調不良のためか、寒くて仕方ない。
早く帰宅して暖まるに限る。
仕事もそこそこに切り上げ、18:00頃帰宅する。
風呂に入り、早めに夕食を頂く。
お好み焼きと、焼きそば、+缶ビール500cc。

途中店から電話があり、昼に配達をした某旅館で
品物が届いていないとのクレーム。
そんな筈はない。確かに預けているのに、先方の確認ミスだ。
話を聞くと、どうにもこうにも相手の態度がひどいらしい。
カミさんもブルーになってしまった。
そんなところなら配達断る方が良い、となだめる。

いつ立場が変わるかもしれないのに、
相手を罵倒するなんて、ひどいと思う。
まして、相手も客商売をしているところなのだ。
いつか、バチが当たるだろう。

溜まってしまった日記をかこうと準備するが、
飲酒後1時間の魔術にはまってしまう。
いつの間にか就寝、である。

 2003.0104(土) 新年会+同窓会

昨夜の雨はすっかり上がり、気持ちの良い晴天が広がる。
雪を頂いた富士をカメラに収める
堤防を歩き、新年の青い空気を肌に記憶させる。

一度出勤した後自宅に戻り、正月のお飾りをとってくる。
1/12(日)にどんど焼きが行われる、その現場にお飾りを収める
どんど焼きは、残念ながら今まで参加したことがない。
今年こそは、と思っていたが、今年もあいにく参加できそうもない。
以前から計画していた旅行の日程に重なってしまっているのだ。

今日明日で完全に正月気分も終わるだろう。
不二家にてのお手伝いをしながら、
昨年末に出来なかった細かい掃除や、雑務をこなす。

息子が店で宿題をしたり、遊んだりするため、
仕事とお相手にて、カミさんも僕も落ち着いて仕事が出来ない。
自然といらいらしてしまう。
可哀そうと思うが、これもまた仕方ないことだ。

夕方まで、諸々をやっつける。
17:51の電車にのり、牧之郷「野風増」に出向く。
野風増
0558−73−0888

今日は修中3年1組の同窓会。
昨年1月に学年全体の同窓会が開かれた。
その後、各クラスでの同窓会が多く開催されている。
僕とナガクラチアキがいつの間にか幹事となっていた。
昨年末までに連絡をし、参加表明のあったのが14名。
先生をいれて、15名にての同窓会+新年会がひらかれた。

是までの何年間かで、何度かの会合があったため
それほど目新しい顔ぶれでもない。
それでも、あちこちにて話が盛り上がる。

18:00から始まり、途中、近況報告を挟み、
21:30過ぎまで過ごす。
その後、前アゲイン、
現「紅(ベニ)」0558−73−0609 にて2次会。
なんだかんだとよく飲み、よく唄う。

24:00をすっかり廻ったかどうかも定かではないが、
一応の終宴となるが、数名にてカラオケボイスへ出向く。
そこでも大騒ぎをして、最終的に帰宅したのは、
3:00を過ぎていた。

帰宅後、もう少し上品な酒を目指したい、
と2003年最初の淡い決意をすることとなる。

 2003.0103(金) 初雪

曇天である。
今にも雪が降りそうな寒さに身が凍える。
箱根駅伝の放映を観ると、雪の中を走っている。

お昼頃、雪がちらつき始めた。
今日がこの冬一番の冷え込みになるかと思われる。

正月も3が日までという雰囲気だが、
去年のクリスマスから僕の時間は止まってしまったままだ。
そろそろ時間を進めなければならない。

長かった正月休みも一応の終わりが見えてくる。
PQも落ち着き始めるし、「年賀」の来客も減ってくる。
おまけにこの天気。
寒さのためか、駅周辺はあまり賑やかな感じもしない。
一度降り出した雪はすぐにやむが、そのうちに大粒の雨となって降り出した。

夕方、カミさんの実家に息子を迎えに出かける。
正月3が日を旅館で過ごしたかのようなくつろぎ方をしている。
「気を遣わない旅館だから」とはお母さんの弁。
仕事のためとはいえ、少し申し訳ない気がするが、仕方ない。

食事を頂き、3日間の息子の相手をして頂いたことに感謝し、
息子は久しぶりに自宅に帰る。
3人で久しぶりの自宅での集合に、息子の顔つきが何となく嬉しそうだ。

風呂に入り、そのまま就寝する。

 2003.0102(木) 新年2日目

朝、堤防を歩く
徐々に舗装工事が進んでいる。
空はぼちぼちと晴れている。

マイツールによると、新年元旦よりも2日目のPQ(売上)のほうがいい。
今日は販売体制を整えるに限る、ということだ。
午前中日記の書き込みを仕上げ、サーバーにアップする。
メールチェックなどをするが、正月のためかさすがにメールが少ない。

お昼から修善寺駅は、活況を呈してきた。
来修あり、Uターンあり、で賑やかだ。
駅の売店も人だかりとなっている。
あじ寿しも昨年の倍を販売するほどの人気である。
その分、他の商品が売れない。
あじ寿しの評判が定着してきたのだと思われる。

午後から店の販売戦力となる。
暇を見つけて、年賀状のコメントを書き込む。
年賀状製作も足かけ2年をかけてしまった。
夜、ようやく完成し、情けない思いでポストに投函する。
是でようやく年が越せる、と、本来なら年末に安堵するところだ。

2日目のPQは、昨年のそれを少しだけ上回った。
3日目以降も少しでいいからクリアしたい。
小さいながらも切実な願い、どうか実現できますように。。

夜、連夜となるカミさんの実家にて食事を頂く。
煮物、まぐろのづけ、豚肉炒め、明太子、ご飯+瓶ビール2本。
食後に、不二家のケーキ。
誰の誕生日でもないが、ローソクに火をつける

22:00をまわり、お暇(オイトマ)をする。
すだらもないTVを眺めながら、日記の一部を書いているうちに
ビールの酔いと共に、睡魔が訪れる。

 2003.0101(元) 2003年元旦

新年を迎えた。
一年の始まりである。
いつもの「おはよう」の挨拶に「おめでとう」の一言が加わる日だ。

自宅の周りに日本酒をまく。神棚に手を合わせる。
店に出かけ、おせちを食べる。おとそを頂く。
仏壇に線香をあげ、一年よろしく見守っていてほしいとお願いをする。

通常営業よりも1時間遅い開店となるが、
それ以外はほとんど普段と変わらない。
気持ちの上での節目が元旦の朝なのだ。

午前中、近所周りをして新年の挨拶を行う。
そのうちに年賀状が届く。今年は到着がやけに早い。
自分宛の賀状をチェックし、投函予定外の人を拾い出す。
そう、昨日のうちに出すはずの年賀状は、未だ投函出来ていない。

宛名シールを葉書に貼り付けるまでは出来るが、
それからが進まない。
一言を書き添えたい相手に、筆が入らずに束になっているままだ。

マイツールを起動する。
通常は、日にちが表示されるが、1月3日まで
「あけましておめでとうございます 2003年1月1日(水曜日)」
と表示される。

店のお手伝いをし、諸々を行う。
2日間の日記を書き始める。
そのうちに一日が過ぎていく。
どうにもこうにも時間が経つのが早い。

夜、カミさんの実家での新年会に赴く。
既に仕上げに入っていて、僕が後から追いかける形となる。
瓶ビール2本を空け、蒸し海老、きんぴらゴボウ、刺身、煮物、等を頂く。
暫くしてそばを食べ、ケーキで〆た。

その後、ボウリングゲームで興じ、
22:00を少し廻ったところでお開きとなった。

帰宅後、風呂の準備をしているうちに、
いつの間にか就寝してしまう。
何はともあれ、2003年が始まった。

←BACK


Copyright©2008 株式会社たけしビル
takeshi-bld.co.,ltd

410-2407伊豆市修善寺駅前625-6
0558-72-0044